グレンガイル蒸留所(glengyle)|場所・歴史・製法・ボトル|ウイスキーラウンドアップ

記事の概要

世界中の蒸留所図鑑完成を目標としたシリーズです。

今回はスコットランドより「グレンガイル蒸留所」になります!

Points!「立地・歴史・伝統的な製法・オフィシャルボトルの簡単な解説」

キーワード

キャンベルタウン第3の蒸留所/スプリングバンクの兄弟蒸留所/キルケラン

ウイスキーの特徴

ピーテッドタイプ/塩っぽさ/ビスケット/モルティな甘さ

グレンガイル蒸留所

グレンガイル蒸留所の立地・歴史・製法についてまとめていきます。

蒸留所の概要

創業年1872年
(2004年)
所有会社J&Aミッチェル社
地域分類スコットランド
キャンベルタウン
発酵槽カラ松製2基
ダグラスファー製2基
ポットスチル初留1基・再留1基
仕込み水クロスヒル湖
ブレンド先キャンベルタウンロッホ

「グレンガイル蒸留所」蒸留所の立地

蒸留所外観 出典:whisky.com

ポイント

グレンガイル蒸留所はスコットランド南西部、キンタイア半島の先端にあるキャンベルタウンに位置しています。

また徒歩7分程度の距離には、兄弟蒸留所に当たるスプリングバンク蒸留所があります。

キャンベルタウンは海沿いであり、潮風が吹き込むことからウイスキーにブリニーと評される塩っぽさが宿る地域として有名です!

またかつてはウイスキー産業が発展している町でしたが、アメリカ禁酒法時代に衰退し、現在は「グレンガイル」「スプリングバンク」「グレンスコシア」の3蒸留所を残すのみとなってしまいました。

↓キャンベルタウンに建つ他の蒸留所の記事はこちら↓

「グレンガイル蒸留所」蒸留所の歴史

グレンガイル蒸留所の歴史を下表のとおり整理しました!

西暦年内容
1872年当時スプリングバンク蒸留所を運営していたミッチェル家の中でジョンウィリアムの間で兄弟喧嘩が勃発
ウィリアム・ミッチェルが喧嘩に耐えかねて「グレンガイル蒸留所」をオープン
1919年蒸留所がウェストハイランドモルト社に買収される
1925年アメリカ禁酒法の影響からキャンベルタウンのウイスキー産業が衰退し、閉鎖を余儀なくされる
1941年ブロッホブラザーズ社が再開を試みようと蒸留所を買収した
しかし、戦争の影響によって計画中断を余儀なくされる
1957年キャンベルヘンダーソン社が再開計画に着手したが、再び失敗に終わる
2000年スプリングバンク蒸留所を運営するJ&Aミッチェル社がグレンガイル蒸留所を買収する
なお、スプリングバンクのオーナーを務めるヘドレー・ライト氏は創業者ウィリアムの3代目の甥である
2004年約80年の沈黙を経て、ついに蒸留が再開される
2007年キルケランと名付けられたオフィシャルボトルがリリースされる

グレンガイルに纏わるストーリー

キルケランとは??

グレンガイル蒸留所がリリースしたシングルモルトはなぜグレンガイルの名前で販売されていないのでしょうか?

その背景にはグレンガイルの商標が既にハイランドで使用されていたという事実があります。

残念ながらJ&Aミッチェル社はこの商標権を購入できなかったため、他の名称をつけざるを得なかったのです。

そこでキャンベルタウンの旧名であり、セント・ケアランの教会を意味する「キンロッホキルケラン」を由来として、新たなオフィシャルボトルをキルケランと名付けられたのです。

「グレンガイル蒸留所」製法の特徴

生産体制の概要

年間生産量
約10万リットル
製麦
スプリングバンク蒸留所 フロアモルティング
ピート
8割:12〜15ppm/2割:84ppm
モルトミル
4ローラー式ボビーミル
仕込み1バッチ
4.5トン
マッシュタン
ステンレス製セミロイタータン
麦汁抽出法
インフュージョン法
ウォッシュバック
カラ松製2基・ダグラスファー製2基
発酵時間
72〜110時間
もろみの度数
約5%
ウォッシュスチル
1基・容量18,000リットル
スピリットスチル
1基・容量15,000リットル
加熱方式
蒸気コイルを用いた間接加熱方式
コンデンサー
シェル&チューブ方式
ニューポットの度数
68%
樽詰め時の度数
63.5%
ウェアハウス
スプリングバンクと併用・ダンネージ式

製麦について

モルトミル 出典:whisky.com

ポイント

グレンガイル蒸留所の創業時のモルティングフロアはまだ再稼働していません。

現在はスプリングバンク蒸留所でフロアモルティングが行われており、この際に使用される麦芽は全てスプリングバンクと同じものになります。

80%のモルトはピートによる乾燥が6時間、ガスオーブン乾燥が30時間となっており、麦芽のフェノール値は12〜15ppmになります。

残り20%のモルトはヘビリーピーテッドタイプであり、ピートインプログレスシリーズでは84ppmの麦芽が使用されてます。

モルトミルはクライゲラキ蒸留所の中古品である4ローラー式のボビーミルが使用されており、このミルでモルトを粉砕します。

こうしてグリストを得た後、糖化の工程へと進みます。


糖化について

マッシュタン外観 出典:whisky.com
マッシュタン内部 出典:whisky.com

ポイント

グレンガイル蒸留所では仕込み水にクロスヒル湖の水が使用されています。

マッシュタンは、1バッチあたり4.5トンのグリスト容量を誇るステンレス製のセミロイタータンになります。

これは蒸留所再開のときに新品で導入されたものになります!

タンにグリストを投入した後、加熱した仕込み水を3回に分けて注ぐことで糖化が進められます。

こうしてウォートを得て、発酵の工程へと進みます。


発酵について

ウォッシュバック 出典:whisky.com

ポイント

グレンガイル蒸留所にはそれぞれ容量30,000リットルで、カラ松製のものが2基、ダグラスファー製が2基設置されています。

糖化で得られたウォートを冷却してウォッシュバックに移し、酵母を添加することで発酵が進められます。

発酵にかける時間は72〜110時間程度と比較的長めであり、より複雑な香味成分が錬成されます。

発酵完了時、投入したウォートはアルコール度数約5%のもろみへと変貌しており、これを持って蒸留の工程へと進みます。


蒸留について

ポットスチル 出典:whisky.com

ポイント

グレンガイル蒸留所には容量18,000リットルのウォッシュスチルが1基、容量15,000リットルのスピリットスチルが1基設置されています。

これらのポットスチルは元々ハイランドのベンウィヴィス蒸留所で使用されていたものですが、搬入時にネック上部を継ぎ足して背を高くすることで、クリーンかつライトな酒質を狙っています。

スチルの加熱方式は蒸気とコイルを用いた間接加熱方式、コンデンサーの冷却方式はシェル&チューブ方式になります。

蒸留回数はスコッチで一般的な2回蒸留であり、初留で得られるローワインは度数約21〜23度程度、再留で得られるハイワインはミドルカット後で68%程度の度数になります。


熟成について

ポイント

グレンガイル蒸留所は蒸留を終えたニューポットを度数63.5%まで加水した後に樽詰めしています。

樽詰めとラベル付までを蒸留所で行った後、スプリングバンク蒸留所まで運び伝統的なダンネージ式の倉庫に収められます。

使用される樽についてバーボン樽シェリー樽がメインですが、ポート・マデイラ・ラムなど多様な樽も使用されています。


オフィシャルボトル一覧

オフィシャルボトルの一部を紹介していきます!

キルケラン12年

ポイント

キャンベルタウンモルトは潮風の吹き込む環境で熟成されるため、ブリニーと評される塩辛さがあるのが特徴です!

それに加えてライトピートなキルケランの個性が合わさることで唯一の味わいが錬成されています。

また、樽配分が70%バーボン樽・30%シェリー樽であるため、甘さとクリーミーさのバランスがとても優れています!

少量生産のため出会う機会が少ないですが、見かけた際は是非購入を検討するべきボトルです!!

価格帯

Amazon:12,800円/楽天市場:14,979円(送料込み)

※2022年4月26日現在

香り

ピートスモーク/バニラ感/塩っぽさ/フレッシュな柑橘感/柔らかく甘い

味わい

キャンベルタウン特有のブリニー/スモーキー/はちみつ/バニラ/ジンジャー/レモン

余韻

苦味と甘味が交互に感じられる/余韻としては長め

キルケラン16年

ポイント

このボトルは2000年に発売されており、使用された原酒は操業再開年のもののみになります!

樽構成はバーボン樽をメインにマルサラワイン樽原酒が少量添加されています!

樽構成こそ変わっていますが、12年でも感じられたキルケランの良さが、16年の熟成期間でさらに引き伸ばされていることがわかります。

ちなみに当時の日本への入荷本数はわずか450本でした。

価格は大分高騰していますが、非常に価値のあるボトルなので致し方なしかと思います(泣)

余裕のある方は是非買ってみてください!

価格帯

Amazon:21,000円/楽天市場:22,769円(送料込み)

※2022年4月26日現在

香り

薄いピートスモーク/塩っぽさ/オレンジピール/トロピカル/バニラの甘さ

味わい

モルティな甘み/ブリニー/ピートスモーク/甘い柑橘/バニラ感/はちみつ

余韻

スモーキーとブリニーが長く続く/若干のスパイシーさを伴う

キルケラン
ヘビリーピーテッド

ポイント

グレンガイル蒸留所が出す「ピートインプログレス」というヘビーピート&カスクストレングスのシリーズのボトルになります!

2022年4月現在ではバッチ1からバッチ5までがリリースされています。

非常にキャラクターの強いスモーキーさとブリニーさが融合して唯一の味わいが生み出されています。

飲むだけで新たな経験を得られる素晴らしいボトルです!!

価格帯

Amazon:29,980円/楽天市場:19,980円(送料込み)

※2022年4月26日現在

「キルケラン ヘビリーピーテッド バッチ5」についてレビュー記事を書いています!参考に是非ご覧ください!

参考資料

参考サイト:whisky.com scotchwhisky.com グレンガイル公式