「ザ・グレンリベット12年」を徹底レビュー!|飲み方・評価|おすすめ|ウイスキー|ウイスキーラウンドアップ

記事の概要

管理人によるボトルのレビューを通して、皆様にその魅力を伝える記事です!

ザ・グレンリベット12年」は非常にスムースでフルーティ、バランス感抜群のボトルです。

スコッチのシングルモルトをこれから飲む人は間違いなく最初に飲むべきボトルでしょう!

そんなスコッチウイスキーの代表格である「ザ・グレンリベット12年」について・・・

  • 「グレンリベット」ってなに?
  • 「ザ・グレンリベット12年」の特徴
  • 「ザ・グレンリベット12年」の徹底レビュー
  • 「ザ・グレンリベット12年」飲み方について

などなど、詳しく解説していきます!!

「グレンリベット」ってなに?

グレンリベットの解説

グレンリベットはスコットランドのスペイサイド、リベット地区に位置するザ・グレンリベット蒸留所で作られるウイスキーになります。

スコットランドでは1823年の酒税法改正前まではウイスキーにかかる税金が非常に大きく、密造が横行していました。もちろんグレンリベットも例に漏れず当時は密造を行なっていました。

そんなご時勢柄でしたが1824年、グレンリベットは当時の国王のジョージ4世に愛飲されていたことから、政府の公認を受けることとなりました。これはスコットランド初であったため、グレンリベットが政府公認第1号の蒸留所ということになります!

その後も継続して質の高いウイスキーを作り、名声を得ていましたが、1880年ごろにはそこに付け入って勝手にグレンリベットを名乗る輩が出てきてしまいます。もちろん当時の所有者のスミス家はたまらず訴訟を起こし、1884年に無事勝訴したこときっかけに定冠詞の「THE」をつけることが許されました。

このように非常に深い歴史のあるザ・グレンリベット蒸留所ですが、その現行オフィシャルボトルのうち最もスタンダードな「ザ・グレンリベット12年」を今回紹介していきます!

グレンリベット蒸留所

ザ・グレンリベット蒸留所の概要

創業年1824
所有会社ペルノ・リカール社
地域分類スコットランド
スペイサイド リベット地区
発酵槽オレゴンパイン製8基
ポットスチル初留7基・再留7基
仕込み水ジョジーの泉

ザ・グレンリベット蒸留所の歴史

西暦年内容
1817年アンドリューから息子のジョージ・スミスへと蒸留所が引き継がれる
1822年当時国王であったジョージ4世が密造酒のグレンリベットを口にしたところ、虜になってしまう。
1823年スコットランドの酒税法が改正され、ウイスキーにかかる税金が引き下げられる
1824年グレンリベット蒸留所が政府公認第1号となる
1881年グレンリベット」の名を無断で使用する他企業に対して訴訟を起こす
1884年勝訴し、スミス家及びブレンダーのアンドリューアッシャーのみに「ザ・グレンリベット」の名前を使用する権利が与えられた
1966年フロアモルティングが廃止される
2001年ペルノ・リカール社がシーグラム社のスコッチ部門である、シーバス・ブラザーズ社を買収する
現在もシーバスブラザーズ社がペルノ・リカール社のもとで生産活動を行っている
2009年グレンリベットの生産量を75%増強するべく、1000万ポンドをかけた増設が決定される
2010年第2蒸留棟が竣工する
2018年第3蒸留棟が竣工する

↓蒸留所の解説記事はこちら↓

「ザ・グレンリベット12年」ボトルの特徴

概要

グレンリベット12年はグレンリベット蒸留所を代表するボトルであり、最もスタンダードなボトルです。

グレンリベットは英国で政府公認となった第1号の蒸留所として有名です。

文字通りシングルモルトの原点であり、世界最大級の人気を誇る銘柄で間違いありません。

グレンリベット12年の味わいは一言で表せば「フルーティでバランスがよく嫌いな人がいるわけがない」です!

ウイスキーが好きな人であれば避けて通ることは絶対にできないボトルですね。

またウイスキーの年鑑である「The Original Malt Whisky Almanac」でも”最高級のモルト、世界で最も人気のあるモルトのひとつ”と表現されたウイスキーです!

諸元

ボトル名ザ・グレンリベット12年
地域スコットランド
スペイサイド リベット地区
種類シングルモルトウイスキー
容量700ml
度数40%
希望小売価格4,884円
ラッキー価格約3,000円
アメリカンオーク
ヨーロピアンオーク

ボトル外観

製法と特徴

  • 麦芽はノンピート
    ⇨スモーキーさのないクリーンな味わい
  • ジョシーズ・ウェルの泉のミネラルを含んだ硬水を仕込み水に使用
    ⇨硬水を使用すると一般的には複雑かつ個性的な風味
  • オレゴンパイン製のウォッシュバック
    ⇨森林のような自然のアロマ
  • 背が高く細いランタン型のポットスチルを使用
    ⇨クリーンでライトかつフルーティなアルコール分が厳選される
  • 熟成にアメリカンオーク樽を使用
    ⇨バニラ感が付与される

「ザ・グレンリベット12年」徹底レビュー!

まずレビューの項目について説明しておきます!

レビュー項目

  • 色味

目視にて色の濃さを5段階評価します!

  • 香り

香りについて私が感じ取った内容をまとめていきます!

  • 味わい

味わいについても私が感じ取った内容をまとめます!

  • 余韻

余韻の長さを5段階で評価します!!

  • 総評(100点満点)

ボトルのポジティブな風味とネガティブな風味を10段階で評価し、レーダーチャートで表現します!

ポジティブで獲得した点数からネガティブの点数を引くことにより、ボトルを100点満点で評価します!!

また評価を文章にて取りまとめていきます!

さてさて、それでは実際に「グレンリベット12年」をテイスティングレビューしていきます!

色味

色味は薄めのゴールドでクリアな感じですね!

非常にバーボン樽らしい色合いだと思います。

3 4 5

香り

ノンピート麦芽が使用されているだけあって第一印象とてもフローラルかつフルーティですね。

さすが世界中で愛されるボトル、アルコールの刺激感は全くありません!

↓感じ取れる香り↓

非常にクリーミーなバニラ/パイナップル/オレンジ/爽やかでどこか懐かしい夏/程よい酸味感

風味

一口飲んでみると、これぞスペイサイドと言わんばかりのフルーティさ、そして甘さがすばらしいです。

香りと同様に口に含んだ瞬間もアルコールの刺激はほぼありませんね!

↓感じ取れる風味↓

ナッツ感/オレンジ中心の柑橘系/トロピカル/ウッディなバニラ/ミネラル感/クリーン/チョコレート

余韻

喉を過ぎた後、とても柔らかく優しいウッディな余韻が続きます。

森林までは行かずとも、夏の明るい草原にいるような感覚になりますね!

口に含んだ瞬間から余韻まで、全体を通してバランスの良さが際立っていました!

1 2 4 5

「ザ・グレンリベット12年」飲み方について

さて、ここまではストレートにてボトルのレビューをしてきました。

そこで「ザ・グレンリベット12年」はどの飲み方が一番美味しいのでしょうか。王道の飲み方である「トゥワイスアップ・ロック・ハイボール」の3種類で比較してみましょう!

飲み方について深く掘り下げた記事も書いているのでご参考までにリンクを貼っておきます!

トゥワイスアップでは?

香り

加水をすると圧倒的なオレンジ系の甘さとモルティな甘みが全面に出てきました。同時にバニラとオークの甘さもかなりがっつりと感じられます。

加水によって元来強かった華やかさはさらに爆発しましたね!

味わい

味わいはキャラメルやバニラ系の強い甘さと、優しいオレンジ系の柑橘のフルーティさがしっかりと出ています。甘さと共にビターさも強く出てきていて、さながらダークチョコのような要素を感じます。

加水しても崩れることなく驚愕のバランス感が感じられるのはさすがグレンリベットといった感じですね!

余韻

余韻には強い甘さが残ります。おそらくオークの甘さだと思うのですが、ちょっと捉えづらい。単にかなり甘いです!

強力では無いですが、多様さを増してより華やかで長い余韻が加水によって生み出されました!

ロックでは?

香り

ロックにすると甘さは若干弱まり、スパイシー感が出てきました。全体的に引き締まった感覚があり、甘みはよりシャープに、ビターやスパイシーが表出といった感じです!

後ろの方から芳香剤のようなフローラルで華やかな香りも出てきました!

味わい

味わいは甘味の重心が全体的に下がり、柑橘とオークの甘さが中心的です。ビターなニュアンスも出てきており、まるでビターチョコのように苦味と甘みが共存しているような感覚です。

余韻

余韻に残るのは樽香とフローラル感でした。

冷やしてもなお長めの余韻は素晴らしいです!

ハイボールでは?

香り

ハイボールで感じる香りは圧倒的に樽です!しっかりとした香ばしく甘いオーク香が前面に出ています。

味わい

味わいでは香り同様の強いオーク感に柑橘のフレッシュな甘さがでてきました!

なんとなく完全な主観ですが、夏の草原を走り回っているような圧倒的な爽快感が感じられます!

余韻

余韻は非常にドライでキレが良くなっています。若干の柑橘感が残っていて後腐れのないスカッとした余韻でした!


おすすめの飲み方

ザ・グレンリベット12年」のおすすめの飲み方は「ハイボール」です!

グレンリベットはとてもフルーティで甘味の強いモルトですが、これらの甘さとドライな口当たりが共存することで圧倒的な爽快感のあるハイボールとなりました。

特に暑い夏の夜に飲むと圧倒的に気持ち良くなれる、そんな素晴らしく爽快な味わいが印象的でした!!


「グレンリベット12年」総評

最後に総評に入りたいと思います!まずはレーダーチャートから!

早速ですが、気になる点数は…

78 点

点数の理由と評価

実際に飲んでまず思うことは完璧すぎるといったところでしょうか。

素晴らしいまでのフルーティさと味わいの深みはまさしくスコッチの代表格と言っても差し支えないでしょう!

しかしウイスキーに慣れた方だと物足りなさを感じる人がいるのも事実だと思いますので、この点数とさせていただきました。

個人的にウイスキー初心者や興味を持っている人はぜひこのボトルからシングルモルトを試してほしいと思っています!

もしまだグレンリベット12年を飲んだことがないという方や、また飲みたい!と思った方はぜひこちらから購入なさってみてください!!

レビューに使用した道具たち

グラス:グレンケアン

ジガーカップ:JOYONEというメーカーのものをAmazonで購入して使っています。
正直計りたい分量が計れるものであれば何でもいいと思います!