ロイヤルブラックラ蒸留所(royal brackla)|場所・歴史・製法・ボトル|ウイスキーラウンドアップ

記事の概要

世界中の蒸留所図鑑完成を目標としたシリーズです。

今回はスコットランドより「ロイヤルブラックラ蒸留所」になります!

Points!「立地・歴史・伝統的な製法・オフィシャルボトルの簡単な解説」

キーワード

ウィリアム4世/キングス・オウン・ウイスキー/デュワーズ/王家御用達の勅許状/はじめてロイヤルの名がついた

ロイヤルブラックラの特徴

極あま/超フルーティ/リッチ/シェリー樽/杏や桃

ロイヤルブラックラ蒸留所

ロイヤルブラックラ蒸留所の立地・歴史・製法についてまとめていきます。

蒸留所の概要

創業年1812年
所有会社バカルディ社
地域分類ハイランド
北ハイランド
発酵槽カラ松6基・ステンレス2基
ポットスチル初留2基・再留2基
仕込み水コーサックの泉
コーダー川
ブレンド先デュワーズなど

ロイヤルブラックラ蒸留所の立地

立地について

ロイヤルブラックラ蒸留所は北ハイランド、北海に面するリゾート地でもあるネアンの街に位置しています。

周辺には「ネス湖」やシェイクスピアのマクベスに登場する「コーダー城」などがある観光地としても栄えた地域になります。

北ハイランドの中でもかなり南のスペイサイドとの際に位置しているため、人によってはスペイサイドモルトだと主張する人もいます。

ちなみに王家の勅許を得た「ロイヤル」の名を冠した蒸留所は、「ロイヤルブラックラ」「ロイヤルロッホナガー」「グレヌリーロイヤル(閉鎖)」のみになります。

ロイヤルブラックラ蒸留所の歴史

ロイヤルブラックラ蒸留所の歴史を年表形式でまとめます!

西暦年内容
1812年ブラックラ蒸留所がウィリアム・フレイザー大尉によって創設される
1835年蒸留所がウィリアム4世より、王家御用達の勅許状を与えられ、名称が「ロイヤルブラックラ蒸留所」となる
ロイヤルの名を冠した蒸留所はここが初めてである
1846年創業者のフレイザー大尉が78歳で死去する
1852年蒸留所が創業者の息子が運営するロバートフレイザー&Co社に引き継がれる
1898年もとの蒸留所を取り壊し、再建が行われる
ロイヤルブラックラディスティラーズ社が設立される
1919年所有者がアバディーンのJohnMitchellとJamesLeictに変わる
1926年所有者がJohnBisset&Co社に変わる
1943年JohnBisset&Co社がScotch Malt Distillers社に買収されたことにより、同社が所有者となる
1965年蒸留所の拡張が行われ、伝統的なフロアモルティングが廃止される
1970年ポットスチルが2基⇨4基に増設される
1985年ウイスキー業界の低迷により1991年までの6年間に渡り、閉鎖を余儀なくされる
1993年UD社により、「花と動物シリーズ ロイヤルブラックラ10年」がリリースされる
1997年200万ポンドをかけて蒸留所の改修が行われる
1998年デュワーズの原酒を作る他の蒸留所とともにバカルディ社に買収される
当時からデュワーズ系列に中ではロイヤルブラックラが最大の規模を誇っている
2015年バカルディ社によって3種類のオフィシャルボトルがリリースされる
2019年オフィシャルボトルの年数が刷新されて、12年・16年・21年となる

ロイヤルブラックラ蒸留所 製法の特徴

製麦

ロイヤルブラックラ蒸留所では1965年にフロアモルティングが廃止されており、以降はスペイサイドの製麦業者からノンピートタイプのモルトを購入しています。

原料のモルトはモルトミルにて粉砕し、グリストとしたのちに糖化の工程へと進みます。

モルトミル 出典:difford's guide

糖化

ロイヤルブラックラ蒸留所では仕込み水にコ−サックの泉及びコーダー川の水を使用しています。

マッシュタンは、1バッチあたり12.5トンのグリストを糖化可能なステンレス製のフルロイタータンです。

加熱した仕込み水は3回に分けて投入されており、1回目が75度、2回目が80度、3回目が85度となっています。

こうして得られるウォートは約60000リットルの量があり、色味が非常にクリアであることが特徴です。

ウォートの完成を持って発酵の工程へと進みます。

マッシュタン 出典:difford's guide

発酵

蒸留所には屋内に設置された容量60000リットルのカラ松製ウォッシュバックが6基、半屋外に追加で設置されたステンレス製ウォッシュバックが2基あります。

木製のウォッシュバックについては、蓋が金属製に替えられています。

糖化で得られたウォートとケリー社製のリキッドイーストをウォッシュバックに投入し、発酵が進められます。

ステンレス製ウォッシュバックが追加されたことで、より長時間の発酵が可能となっており、発酵時間は72時間〜120時間とかなり長めに設定されています。

こうして度数約8%程度のもろみを得て、蒸留の工程へと進みます。

ウォッシュバック 出典:difford's guide

蒸留

蒸留所には容量20000リットルのウォッシュスチルが2基、容量23000リットルのスピリットスチルが2基あります。

加熱にはHFO(フッ素系発泡剤)を燃焼させることで、ポットスチル内部のステンレスチューブを加熱する間接加熱方式が取られています。

ポットスチルは背の高いストレート型であり、内容物は銅と触れる面積が大きいためよりクリーンかつフルーティなアルコールを厳選することが可能です。

ロイヤルブラックラでは一般的な2回蒸留を行っており、初留で得られるローワインは度数約26%になります。

再留は非常に低速で進められるという特徴があり、加熱温度を最大出力の約20%に抑えることで、1時間あたり900リットルの低スピードが維持されています。

ミドルカットを終えて回収されたニューポットは度数約62%程度となります。

カットされたフェインツは次回の蒸留時にローワインと混ぜて使用されています。

ポットスチル 出典:whisky.com

熟成

蒸留所敷地内にはいくつかのウェアハウスがありますが、現在生産されるウイスキーはここで熟成されることはなく、全てグラスゴーの集中熟成庫に送られてから安置されます。

樽詰もグラスゴーでされるとのことで、現地のダンネージ式とラック式を組み合わせた18の倉庫にて安置されます。

熟成に使用される樽はオロロソシェリーなどにてシーズニングされたシェリー樽が主になります。

オフィシャルボトル一覧

ロイヤルブラックラ蒸留所のオフィシャルボトルを紹介します!

ロイヤルブラックラ12年

これぞロイヤル!スタンダードボトル!

ロイヤルブラックラ蒸留所のオフィシャルボトルの中でも最もメジャーなボトルでありながら、王家御用達の「ロイヤル」の名に恥じない逸品になります!

背が高くスレンダーなボトルが特徴で、個人的にコルクキャップのデザインがイチオシです!!

また見た目のみでなく、味わいも極甘・超フルーティで万人受けする完成度なのでプレゼント用としても最適です。

またグレンリベットなどの甘めのウイスキーが好きな方は是非お試しください!!

ー特徴ー

価格帯

Amazon:8712円 楽天:8100円(送料込み)

※2022年4月3日時点

香り

フローラル/レーズン/杏/桃/黒糖

味わい

極甘/超フルーティ/レーズン感/桃/程よい渋み/チョコレート

余韻

ぶどうやレーズンのような甘さが長く続く

ロイヤルブラックラ16年

12年の長所そのままに熟成感をプラス!

このボトルは16年という長い期間熟成されたことにより、元来のフルーティさや甘さがより深くなっています!

より洗練されたその甘さはキャラメルのような要素が表出しています。

現在市場で見かけることは困難のため、見つけた最は購入する価値があります…

下記通販サイトにて商品ページがありました!(売り切れの可能性があります

未来堂オンラインショップ

信濃屋

輸入酒のかめや

ー特徴ー

価格帯

Amazon:不明 楽天:不明

10000円以下で見つけられれば即購入レベルでしょう。

香り

フローラル/熟したレーズン/強力な桃感/クリーミー/あんず

味わい

極甘/ドライフルーツ/レーズン/桃/キャラメル/チョコレート/アプリコット/スパイシー

余韻

感動的なフルーツの甘味がとても長く続く

ロイヤルブラックラ21年

ロイヤルの極み。

21年という気の遠くなる期間熟成されてロイヤルブラックラは無限の旨味を秘めています。

12年や16年のレーズン感に加えて柑橘系のフルーティさが加わっています。

非常に貴重なボトルのため、飲む機会があれば是非試すべきでしょう!

下記通販サイトにて商品ページがありました!(売り切れの可能性があります

ウイスキー販売 OLD RIVER

未来堂オンラインショップ

ー特徴ー

価格帯

Amazon:不明 楽天:不明

大体25000円程度であれば購入を検討した方が良いでしょう…

香り

オレンジ/アプリコット/レーズン/紅茶/深く芳醇な甘さ

味わい

柑橘系のフルーティさ/レーズン/ドライフルーツ/チョコ/紅茶/オレンジ/あんず/桃/モルティな甘味

余韻

柑橘とブドウを主体とし、樽の暖かいウッディネスがとても長く続く

参考資料

参考サイト:whisky.com scotchwhisky.com diffords-guide.com malt-whisky-madness.com