バスカーシングルグレーンを徹底レビュー|飲み方・評価|おすすめ|ウイスキーラウンドアップ

記事の概要

管理人によるボトルのレビューを通して、皆様にその魅力を伝える記事です!

バスカーシングルグレーンウイスキー」はアイルランドのロイヤルオーク蒸留所の公式ブランド「The BUSKER」からリリースされるシングルグレーンになります。

そんなボトルについて…

  • バスカー」ってなに?
  • バスカーシングルグレーン」ボトルの特徴
  • バスカーシングルグレーン」を徹底レビュー
  • バスカーシングルグレーン」飲み方について

などなど詳しく解説していきます!!

↓Youtube関連動画↓
【バスカーシングルグレーンのレビュー】

「The BUSKER」ってなに?

The BUSKERの解説

バスカーはアイルランドのカーロウで2016年に創業した「ロイヤルオーク蒸留所」で作られるウイスキーのブランドであり,2020年に誕生した新興のブランドでもあります。

この蒸留所はシングルモルトウイスキー・シングルポットスチルウイスキー・シングルグレーンウイスキーの3種類を生産できるアイルランド唯一の蒸留所になります。

今回紹介するのは赤いラベルが特徴的なシングルグレーンタイプであり,2021年10月リリースのブレンデッドタイプ,2022年3月リリースのシングルモルトタイプに続き,同年7月に灰色のポットスチルウイスキーと共に日本でもリリースされました。

シングルグレーンは2021年のサンフランシスコ・ワールドスピリッツ・コンペティションにて銀賞を受賞している他,先んじて発売されていたブレンデッドやシングルモルトが非常に好評であったことから,リリース直後こそ品薄状態でしたが,現在は比較的用意に入手できるようになりました。

関連記事等

ロイヤルオーク蒸留所の解説

バスカーシリーズのレビュー記事

バスカーのレビュー動画

シングルモルト
シングルグレーン

「バスカーシングルグレーン」ボトルの特徴

ボトル外観

諸元

ボトル名バスカーシングルグレーンウイスキー
蒸留所ロイヤルオーク蒸留所
地域アイルランド,カーロウ州
種類シングルグレーンウイスキー
原料グレーン,モルト
容量700ml
度数44.3%
樽構成バーボン,マルサラワイン

製法と特徴

  • コーンが主原料
    ▶グレーンウイスキーらしいエステリーな甘さが得られる
  • バーボン樽熟成
    ▶バニラやはちみつ,柑橘類の甘いフルーティネスが得られる
  • マルサラワイン樽熟成
    ▶独特なキャラメル感や強いトロピカルテイストが得られる

「バスカーシングルグレーン」徹底レビュー!

まずレビューの項目について説明しておきます!

レビュー項目

  • 色味

ウイスキーをグラスに注ぎ、目視にて色の濃さを5段階評価します

  • 香り

香りについて私が感じ取った内容をまとめていきます

  • 味わい

味わいについても私が感じ取った内容をまとめます

  • 余韻

余韻の長さを5段階で評価します

  • 総評(100点満点)

ボトルのポジティブな風味とネガティブな風味を10段階で評価し、レーダーチャートで表現し,ポジティブで獲得した点数からネガティブの点数を引くことにより、ボトルを100点満点で評価します

また最後に総評を文章にて取りまとめていきます!

さてさて、それでは早速「バスカーシングルグレーン」をテイスティングレビューしていきます!

色味

色味は比較的薄く,明るい黄金色といった印象です。

マルサラワイン樽での熟成では,シェリー樽熟成のように濃い色味がつくという訳ではなさそうですね。

3 4 5

香り

香りの第一印象はグレーンらしい溶剤系のエステリーな甘さマルサラワイン樽由来のトロピカルなフルーツ香でした。

深く香りを探らねども,既に非常に華やかであり,フルーティネスと甘さが主体的となっています。

続いてバニラとキャラメルの甘さ,うっすらとしたオークのウッディネス,しゃきしゃきとしたりんごのアップルパイ,フレッシュな柑橘,そしてざらっとした穀物感などが感じられます。

アルコールの刺激がわずかに残っていますが,甘さやトロピカルな印象がとても強く,全体としてはとても好印象でした,

↓感じ取れる香り↓

溶剤感/エステリー/トロピカル/バニラ/キャラメル/ウッディ/アップルパイ/柑橘/モルティ

味わい

味わいの第一印象はパイナップル系の酸味があるトロピカルフルーツ感チョコバナナタルトのような濃厚な甘さが感じられました。

どちらも南国的な要素がとても強く,久しぶりに沖縄に旅行したくなってしまいました…

続いてラム酒のような黒糖系の甘さ,胡椒系のスパイス感,クリーミーさ際立つ生キャラメル,草原のような大自然の香り,コゲ感のあるオークのウッディ感といった感じですね。

アルコール刺激は全くないわけではありませんが許せる程度。全体を通してパイナップルやバナナ,そして黒糖感などの南国感が非常に強いのが印象的でした。

↓感じ取れる風味↓

パイナップル/南国フルーツ/チョコバナナタルト/ラム酒感/黒糖/スパイス感/生キャラメル/コゲ/ウッディ

余韻

余韻にかけては草原のようなドライめな自然の要素バニラ系のクリーミーな甘さが適度に残ります。余韻の長さとしては中程度の印象です。

1 2 4 5

「バスカーシングルグレーン」飲み方について

さて、ここまではストレートにてボトルのレビューをしてきました。

そこで「バスカーシングルグレーン」はどの飲み方が一番美味しいのでしょうか。王道の飲み方である「トゥワイスアップ・ロック・ハイボール」の3種類で比較してみましょう!

飲み方について深く掘り下げた記事も書いているのでご参考までにリンクを貼っておきます!

トゥワイスアップでは?

ポイント

加水すると香りにおいてはグレーンらしい溶剤感はそのままに,ビタミンジュースのような甘さやレーズンの甘さが主張を強めてきました。

味わいではクリーミーな甘さが非常に強く,濃密な生クリームを贅沢に塗りたくったショートケーキのような強力な甘さが感じられます。

余韻にかけてわずかに感じられる柑橘やトロピカルフルーツのテイストが,濃厚なクリーミーさとの見事なバランス感を呈しています。

ロックでは?

ポイント

ロックでは香りにおいてオレンジマーマレード濃厚なバニラ,そして柔和な穀物の甘さが感じられます。一方味わいではウッディなビター感がとても強く,フルーティさの主張はかなり弱くなっているように思います。

冷やしたことによりテイストの多様性が抑えられてしまい,軽やかで多彩な香味が特徴的であったこのボトルにおいて,ロックはいささか不向きであった印象です。

ハイボールでは?

ポイント

ハイボールでは香りにてビタミンジュース感クリーミーな印象が強く出てきています。やはり水と接触することによってクリーミー感が強く出て来る傾向があるようです。

味わいでは柑橘系のフレッシュさラムレーズンのような甘さを感じることができ,爽快さをしっかりと感じることができます。

やはりベースにはクリーミーさがあり,全体を通して甘さが中心的となっていました。


おすすめの飲み方は…?

バスカーシングルグレーン」のおすすめの飲み方は「トゥワイスアップ」です!

バスカーシングルグレーンをストレートで飲んだ際には,グレーンウイスキーらしさバスカーらしさが見事に両立されたテイストを持っていましたが,ややアルコールの刺激が残っている印象がありました。

しかしトゥワイスアップでは刺激等がほとんど無くなり,クリーミーな甘さがかなり強くなりました。ストレートと比べて大きく異なるテイストとなりましたが,濃厚クリームのショートケーキ感はあまりにも魅力的でした。

ロックはテイストの多様性が損なわれてしまうので少々不向き,ハイボールは爽快感を感じたい時にはナイスな選択肢となるでしょう。

「バスカーシングルグレーン」総評

最後に総評に入りたいと思います!まずはレーダーチャートから!

ポジティブ

ネガティブ

さてさて、気になる点数は…

点数の理由と評価

他のバスカーシリーズと同様に,このシングルグレーンも良心的な価格設定が嬉しいところでした。なんといってもシングルグレーンの中で最もリーズナブルな部類であると同時に,そのテイストも価格に対して美味しすぎる仕上がりです。

単純に美味しいのはもちろんですが,シングルグレーンを飲んだことがない人も意外といると思うので,そんな方々が最初に試してみるのにここまで最適なボトルは他にないでしょう。

ロイヤルオーク蒸留所の原酒の酒質によるものなのか,はたまたその緯度によるものなのかは定かではありませんが,短期熟成でありながら圧倒的なパフォーマンスが発揮されており,短熟に特化している台湾のカバランに近いカリスマ性を感じます。

各種SNS運用中!
フォローしてね👍

レビューに使用した道具たち

グラス:グレンケアン

ジガーカップ:JOYONEというメーカーのものをAmazonで購入して使っています。
正直計りたい分量が計れるものであれば何でもいいと思います!