「アランモルト10年」を徹底レビュー!|飲み方・評価|おすすめ|ウイスキー|ウイスキーラウンドアップ

記事の概要

管理人によるボトルのレビューを通して、皆様にその魅力を伝える記事です!

アランモルト10年」は花のようなフローラルな香りに、フルーティな味わいを持ち合わせたボトルです。

そんな人気高騰中のアランからアランモルト10年について…

  • 「アラン」ってなに?
  • 「アランモルト10年」の製法
  • 「アランモルト10年」の特徴を徹底解説

などなど詳しく解説していきます!!

「アラン」ってなに?

アランモルトの解説

アランモルトはスコットランドの西側に浮かぶアラン諸島、ロックランザ蒸留所で作られるウイスキーのことを言います。

2019年にロックランザ蒸留所へと改名する前は「アイルオブアラン蒸留所」という名前であり、こちらのほうが馴染みのある方もまだ多いのではないでしょうか。

また2018年にはアラン島の南部に新たな蒸留所をオープンさせており、2蒸留所体制で運営されている珍しい蒸留所でもあります。

島系のウイスキーというと、アイラ島に代表されるようにスモーキーな曲者をイメージする方が多いかもしれませんが、アランはとてもフルーティな味わいを持っています。

ロックランザ蒸留所

ロックランザ蒸留所の概要

項目内容
創業年1995年
所有会社アラン・ディスティラーズ社
地域分類スコットランド
アラン島
発酵槽オレゴンパイン製6基
ポットスチル初留2基・再留2基
仕込み水ロバートバーンズ

ロックランザ蒸留所の歴史

西暦年内容
1993年ハロルドカリーらによってアラン島のロックランザに蒸留所を建設する計画が生み出される
1994年アイルオブアラン蒸留所(旧名)の建設が完了する
1995年6月29日午後2時29分に最初の蒸留が行われてニューポットが生み出される
8月17日に蒸留所が正式にオープンされる
1997年エリザベス女王の立ち合いのもとでビジターセンターがオープンされる
1998年俳優のユアンマクレガーらによって初めて3年熟成を終えたシングルモルトの試飲会が開かれる
2006年初のオフィシャルボトルとしてアランモルト10年が発売される
2007年蒸留所が新たなマネージャーを求めたところボウモア蒸留所を引退したばかりのゴードンミッチェルが採用される
2010年ライトリーピーテッドタイプの公式ブランドとしてマクリームーアがリリースされる
2017年ポットスチルが2基増設される
2018年ヘビリーピーテッドタイプの原酒生産に向けてアラン島南部のラグに第2蒸留所を建設する
2019年ラグの蒸留所で生産が開始される
蒸留所名がロックランザ蒸留所に改められる
併せてボトルデザインもシンプルなものに変更される

↓ロックランザ蒸留所については紹介記事も書いています!是非目を通してみてください!↓

「アランモルト10年」ボトルの特徴

ボトル概要

アランモルト10年はロックランザ蒸留所のオフィシャルボトルのうち最もスタンダードなボトルになります!

ロックランザ蒸留所は1994年に創業した比較的振興の蒸留所ですが、独自の会社として行動しており、新たな試みを多く行なっていることから「クラフト蒸留所」とも呼ばれる蒸留所です。

またアイランズという個性の際立ちやすい環境で生産されていることからも、アランというウイスキーは唯一の個性を確かに持っています。他のウイスキーでは感じることのできないその個性、まず試してみるのであればこのボトル一択でしょう!

ボトル外観

諸元

ボトル名アランモルト10年
地域スコットランド
アイランズ アラン島
種類シングルモルトウイスキー
容量700ml
度数46%
入手価格Amazon:6050円
楽天市場:5950円
ファーストフィルのバーボン樽
ホグスヘッドのシェリー樽

製法と特徴

  • 蒸留に長くストレートなネックのポットスチルを使用している

▶ライトでフルーティな味わいのウイスキーが生み出されます。

  • ファーストフィルのバーボン樽で熟成された原酒がメイン

▶バニラやナッツのような味わいが強く出てきます。

  • ホグスヘッドのシェリー樽で熟成させた原酒を添加

▶サイズの小さめなホグスヘッドを使用していることから樽の要素が強く出てきます。

▶シェリー樽のため華やかなフルーティさが付与されます。

「アランモルト10年」徹底レビュー!

まずレビューの項目について説明しておきます!

レビュー項目

  • 色味

ウイスキーをグラスに注ぎ、目視にて色の濃さを5段階評価します!

  • 香り

香りについて私が感じ取った内容をまとめていきます!

  • 味わい

味わいについても私が感じ取った内容をまとめます!

  • 余韻

余韻の長さを5段階で評価します!!

  • 総評(100点満点)

ボトルのポジティブな風味とネガティブな風味を10段階で評価し、レーダーチャートで表現します!

ポジティブで獲得した点数からネガティブの点数を引くことにより、ボトルを100点満点で評価します!!

また総評を文章にて取りまとめていきます!

さてさて、それでは早速「アランモルト10年」をテイスティングレビューしていきます!

色味

色は温かみを感じるゴールドですね!

このボトルは2020年内に購入したものですが、2021年に入ってからは色味が大きく変わったと言われています!

現在お店で販売しているものは今回の評価よりも色味が濃いと思っておくと良いかと思います!

1 2 4 5

香り

香りの第一印象としては、花のようなフローラル感がとても強いです。

続いてほのかなウッディネスに柑橘系のフルーティさが立ち上ってくる感じでしょうか!

度数は46%と高めですが香りからは刺激をほとんど感じません!!

ちなみにスモーキーさは全くありません。

↓感じ取れる香り↓

フローラル/シトラス/オレンジピール/ウッディ/バニラ/クリーミー/キメの細やかさ

味わい

味わいは、まずはじめにウッディさを基調とした柑橘系ナッツがでてきます。

甘みは意外と弱く、花系の香水のようなフローラルな風味を感じ取ることができます。

甘みを楽しむというよりは、喉を過ぎた後、鼻に抜ける香りに一番の魅力が詰まっているように感じます!

酒質の重さは思っていたよりも軽めでした!

↓感じ取れる風味↓

花/フローラル/ウッディ/ナッツ/レモン系の柑橘類/シトラス/若干スパイシー

余韻

余韻はベースとしてウッディで柔らかい甘みが残ります。

それにかぶさる形でフローラルさ、続いてクリーミーなバニラという感じで移り変わっていきます!

口に含んだ瞬間と比べて余韻には甘さを強く感じることができました!

1 2 3

「」飲み方について

さて、ここまではストレートにてボトルのレビューをしてきました。

そこで「」はどの飲み方が一番美味しいのでしょうか。王道の飲み方である「トゥワイスアップ・ロック・ハイボール」の3種類で比較してみましょう!

飲み方について深く掘り下げた記事も書いているのでご参考までにリンクを貼っておきます!

トゥワイスアップ

ポイント

ロック

ポイント

ハイボール

ポイント

おすすめの飲み方

「」のおすすめの飲み方は「」です!

総評

最後に総評に入りたいと思います!まずはレーダーチャート!

早速ですが、気になる点数は…

70点

点数の理由についてまとめていきます!

実際に飲んでみると万人受けする甘みのようなものはダイレクトに伝わって来ませんでした。

しかし香水を思わせるフローラルさと、余韻にかけて徐々に出てくる甘みはとても魅力的でした!

「様々なウイスキーを飲んだあとにフラッとアラン10年に戻ってくると、その魅力を大いに感じる」といった表現がふさわしいような気がします!

味わいとは関係ありませんが現行のボトルのデザインがシンプルでとてもかっこいいのは大きな加点ポイントでした(笑)

他のウイスキーと比べてもかなり特徴的な味わいだと思うので是非飲んで見るべきだと思います!オススメです!

レビューに使用した道具たち

グラス:グレンケアン

ジガーカップ:JOYONEというメーカーのものをAmazonで購入して使っています。
正直計りたい分量が計れるものであれば何でもいいと思います!