【レビュー】アラン・ソーテルヌカスク|香り・味わい・100点満点評価|ウイスキーラウンドアップ

記事の概要

管理人によるボトルのレビューを通して、皆様にその魅力を伝える記事です。

今回は…
アラン・ソーテルヌカスク

当記事では,このボトルについて

などなど詳しく解説していきます!!

created by Rinker
Arran(アラン)
¥11,900 (2024/02/29 18:00:33時点 Amazon調べ-詳細)

\\執筆者情報//

whisky_roundupのアバター

初谷(はつがい)

ウイスキーに関わるあらゆる情報をまとめ,「ウイスキーを知りながらより深く楽しめる記事」を発信しています。
【経歴】東京都立大卒|元公務員・現酒屋勤務
【資格】JWRC公認ウイスキーエキスパート|ウイスキー検定2級
【その他】バンド「Candid moment」でドラムを叩く人

各種SNSも運用中!

「アラン」ってなに?

アランの解説

  • 蒸留所とブランド

アランモルトはスコットランドの西側に浮かぶアラン諸島、ロックランザ蒸留所で作られるウイスキーのことを言います。このロックランザ蒸留所は1994年に創業した比較的振興の蒸留所ですが、小規模経営の会社が運営しており、ウイスキーの生産に関して新たな試みを多く行なっていることから「クラフト蒸留所のパイオニア」とも呼ばれています。

ちなみにロックランザという名称は2019年に改名されたものであり,以前は「アイルオブアラン蒸留所」という名前で稼働していました。しかしながら2018年にロックランザを運営する企業により,同じアラン島の南部に「ラグ蒸留所」という系列の蒸留所がオープンされたことから,現在は『ロックランザ蒸留所』へと改名されています。

 ロックランザ蒸留所とラグ蒸留所のウイスキー作りの特色については,ロックランザでは主にノンピートとミディアムピーテッドタイプの原酒を,ラグではヘビリーピーテッドタイプの原酒をという形で,2蒸留所体制という利点を最大限に生かした作り分けがなされています。

 またアイランズモルトというと、個性の髄を極めたような曲者をイメージする方が多いかもしれませんが、アランのシングルモルトは比較的飲みやすく,フルーティかつ花畑のようなフローラルな華やかさを持ち合わせているのが特徴です。

出典:google map

「アラン・ソーテルヌカスク」ボトルの特徴

\\ボトル外観//

\\ボトル諸元//

ボトル名アラン ソーテルヌカスク
地域スコットランド アラン島
種類シングルモルト
原料モルト
容量700ml
度数50%

\\製法と特徴//

  • ネックの長いストレート型ポットスチルで蒸留を実施
    ▶︎長いネック部にて,スチル内面の銅に蒸気が接触しやすくなり,不快な香味の除去が良く進行する。
  • アラン島によって養われる個性
    ▶︎アラン島の唯一の環境で作られたウイスキーは,華やかな花畑のようなフローラル香やフルーツの香味を強く醸し出す。
  • 甘口の貴腐ワイン「ソーテルヌ」の空樽でフィニッシュ
    ▶︎ソーテルヌに由来した,多彩なフルーツ系の滑らかな甘みが原酒に付与されている。

「アラン・ソーテルヌカスク」テイスティングレビュー

さてさて、それでは早速「アラン・ソーテルヌカスク」をテイスティングレビューしていきます!

色味

アラン・ソーテルヌカスク』の色味については,かなり薄いように見え,透き通った金色と称することができます。
 客観的な指標としてwhiskys.co.ukの色見本に準えて評価すると,"Yellow Gold"よりも少し薄いくらいであると言えるでしょう。

香り

  • 第一印象

華やかな柑橘の香り,アランのフローラル感,樽っぽい甘い煙たさ
全体としては甘い系の要素が中心で,アルコールの刺激はあまり無い

  • 経時変化で見える要素

ほのかなブドウ感,自然な蜂蜜,ドライフルーツ,バニラ,スパイシー

筆者の一言

香りについては,アランらしさの上にそのままソーテルヌ樽由来の甘みが乗っかっているような印象です。
これと言ってネガティブな要素は感じられず,柑橘や蜂蜜のようなナチュラルな甘さが非常に心地よいですね!

味わい

  • 第一印象

アランらしい花畑の要素,ベタっとした濃い甘みの柑橘ジャム,僅かにヘザーの香り
香味の要素が軽やかかつアルコール度数が高いので,若干アルコールを感じる

  • 経時変化で見える要素

土っぽい穀物の甘み,ソーテルヌの葡萄系の甘さ,暖かい木とスパイス

  • 余韻に残る要素

暖かいスパイシー感,アランのフローラルな要素

筆者の一言

味わいでは,第一印象に感じられた柑橘ジャムのような濃厚なフルーツの甘みがとにかく強力でした。
しかし風味のベースには,しっかりとしたアランのフローラルな香水感も感じられるので,アラン好きな人にとっては堪らないだろうなぁと思います!

「アラン・ソーテルヌカスク」総評

最後に総評に入りたいと思います!まずはレーダーチャートから!

さてさて、気になる点数は…

点数の理由と評価

  • 香り:/5|味わい:/5

アラン・ソーテルヌカスク』の香りと味わいについては,アランらしさを代表する花畑を思わせるフローラルな香水感を土台としつつ,おそらくソーテルヌ樽由来と思われる,濃密なジャムのようなフルーツの甘みが非常に強く感じられました。

 余韻にかけてはスパイシーな雰囲気や,ウッディな煙のような感覚が漂うように感じられますが,やはり全体としては甘みに完全特化している印象が強烈でした。加えて人を選ぶような奇を衒ったような嫌味はほとんど感じられず,アラン好きな人や,華やかでフルーティなウイスキーを好む方にとっては,文句なしに向いている風味であったと思います。

  • 初心者向け度:/5

 続いて『アラン・ソーテルヌカスク』を初心者向けかどうかという観点で見てみると,どちらかと言えば適していると言えそうです。

 というのも香り・味わいともに要素の主体はソーテルヌカスクに由来した強い甘みであったため,テイスト的には割と初心者にもお勧めしやすい部類に入るでしょう。しかし元々のアルコール度数が高いことと,アランの香水のような要素がほんの少しだけ独特に感じる人もいるため,手放しでお勧めするには少し注意が必要かと思います。

  • 入手性:/5|コスパ:/5

 最後に『アラン・ソーテルヌカスク』のコスパと入手性については,入手性は最悪,コスパは安いところで買えればまあまあ良いということができるでしょう。

 まず入手性については,アラン自体が割と異常とも言えるほどの人気集中を受けており,その中でも特にこのソーテルヌカスクやアマローネカスク,ポートカスクなどのカスクフィニッシュ系のボトルは軒並み市場から淘汰されています。よって定常的に店頭や通販で入手するのは困難を極めると言えるでしょう。

 そしてコスパについても,人気の集中を受けているボトルということで,価格自体にかなりばらつきが生じており,一概に言及するのが難しくなっています。

 一応安ければ8,000円台半ばから9,000円台半ば程度の価格帯で買うことができそうなので,この価格を基準にして考えてみれば,購入する価値は十分にあるように思います。美味しさについては勿論アラン×ソーテルヌカスクの両者のいいとこどりとなっていて十分に価値あり。加えてみんなが欲しがるボトルということで,もしボトルを見つけた際には経験として購入してみるのが良いと,個人的には思っています。

created by Rinker
Arran(アラン)
¥11,900 (2024/02/29 18:00:33時点 Amazon調べ-詳細)

各種SNS運用中!
フォローしてね👍