カーデュ蒸留所(cardhu)|場所・歴史・製法・オフィシャルボトル|ウイスキーラウンドアップ

記事の概要

世界中の蒸留所図鑑完成を目標としたシリーズです。

今回はスコットランドより「カーデュ蒸留所」になります!

Points!「立地・歴史・伝統的な製法・オフィシャルボトルの簡単な解説」

キーワード

ジョニーウォーカー/肝っ玉かあさん/女帝/ピュアモルト論争

カーデュの特徴

華やか/ライトピート/フルーツバスケット/柑橘/バニラ/モルティ/ケーキ/ビターチョコ

カーデュ蒸留所

カーデュ蒸留所の立地・歴史・製法についてまとめていきます。

蒸留所の概要

創業年1824年
所有会社ディアジオ社
地域分類スコットランド
スペイサイド スペイ川中流域
発酵槽ヒバリ製4基・ステンレス製2基
オレゴンパイン製4基
ポットスチル初留3基・再留3基
仕込み水マノックヒルの泉
ブレンド先ジョニーウォーカーなど

「カーデュ蒸留所」蒸留所の立地

ポイント

カーデュ蒸留所はスコットランドのスペイサイドスペイ川中流域に位置しています。具体的にはマノックヒルという丘の上に蒸留所の建物があり,周囲には広々とした大麦畑を望むことができます。

スペイ川の中流域には10を超える蒸留所が存在しており,かつての密造時代からウイスキー生産の中心地として栄えていた地域になります。カーデュも例に漏れず,密造を行なっていた時代があります。

カーデュという名前はゲール語に語源があり,翻訳すると「黒い岩(ブラックロック)」となります。

「カーデュ蒸留所」蒸留所の歴史

カーデュ蒸留所の歴史を下表のとおり整理しました!

西暦年内容
1811年ジョン・カミング氏と妻のヘレン氏が彼らの農場にカーデュ蒸留所を設立し,密造を開始する
1824年この年までに密造容疑で3回検挙される
懲りて政府公認の蒸留所となる
1839年ジョン・カミング氏が亡くなる
蒸留所は息子のルイスへと引き継がれる
1872年ルイス・カミング氏が亡くなる
蒸留所は未亡人となったエリザベス氏と小さな息子たちに引き継がれる
1893年蒸留所がジョンウォーカー&サンズ社によって買収される
カミング家は株式の一部を保有し,運営に関与し続ける
1899年ポットスチルが2基増設されて計4基体制となる
1925年会社合併により所有者がDCL社となる
1960年ポットスチルが2基増設されて計6基体制となる
1963年創業者ジョンの曾孫であるロナルド・カミングDCL社の会長に就任する
1965年カーデュの表記が「Cardow」から「Cardhu」へと改められる
1986年会社合併により所有者がUD社となる
1997年会社合併により所有者がディアジオ社となる
2005年カーデュ12年シングルモルトが公式リリースされる
2018年ディアジオ社がカーデュのビジターセンターの刷新計画を公表する

カーデュに纏わるストーリー

肝っ玉かあさん

創業者のジョン・カミング氏の妻であるヘレン氏は近隣の密造業社の間で「肝っ玉かあさん」と呼ばれていました。

ヘレン氏は密造を取り締まる役人が見回りに来ると,素早く納屋に駆け込んで旗をかざすことで査察団の来訪を仲間内へと広げ伝えていたとのことです。そんなビビらない肝の据わった様子からこのようなあだ名が付けられたのでしょう。

しかしながら密造は3回ほどバレており,1824年には懲りて政府公認となる道を選びました。

ウイスキー業界の女帝

カーデュに纏わる女性は超強気の方ばかりですね。創業2代目のルイス・カミング氏の妻エリザベスは「ウイスキー界の女帝」と呼ばれていました。

ルイス氏の死後よりエリザベス氏は当時の女性としては考えられないほどの経営手腕を発揮し,19世紀末にはカーデュの地位を確立させていました。

そんな成功を受けてジョーニーウォーカーを扱うジョン・ウォーカー&サンズ社から買収の話が舞い降りてきました。

エリザベス氏はこの機に「カミング家がウォーカー社の株式を保有すること」と「カミング家が同社の取締役に就くこと」を条件として約束させた上で買収に応じました。

実際にエリザベスの孫にあたるロナルド氏は,1963年よりウォーカー社を買収したDCL社の会長の座に就いています。

エリザベス氏はこのような類い稀な経営手腕と強気な姿勢から女帝と呼ばれるに至ったのですね!

ピュアモルト表記

1982年から2003年にかけて「カーデュ ピュアハイランドモルトスコッチウイスキー」と言うボトルが販売されていました。このボトルはシングルモルトではなく,カーデュの他にとあるスペイサイドモルトもバッティングされたピュアモルトでした。

しかしシングルモルトのボトルと同じ形状のボトルで販売したため,新しいボトルをシングルモルトであると誤解をする人が出てきてしまい,混乱と議論が巻き起こりました。

2003年には物議を醸したこのボトルは販売を中止させました。ここでSWA(スコッチウイスキー協会)は販売中止のみでは満足せず,ウイスキー関連用語の定義を固く定めることを決めます。

結果としてピュアモルトと言う曖昧な表記は廃止され,シングルモルトブレンデッドモルトなどの具体的な用語の定義が決められる運びとなりました!

ある意味カーデュがきっかけで現在のウイスキー関連用語の定義が定められたということになりますね(笑)

「カーデュ蒸留所」製法の特徴

製麦について

ポイント

カーデュ蒸留所では自社製麦を行なっておらず,専門業社に委託しています。採用するモルトはライトリーピーテッドタイプとされています。

このモルトをモルトミルで粉砕してグリストとしたのち,糖化の工程へと進みます!


糖化について

マッシュタン
出典:whisky.com
マッシュタン内部
出典:whisky.com

ポイント

カーデュ蒸留所では仕込み水としてマノックヒルの泉の水を採用しています。マッシュタンは1バッチあたり8トンのグリスト容量を誇るステンレス製のフルロイタータンになります。

マッシュタンにグリストを投入し,加熱した仕込み水を3回に分けて,温度を上げながら注ぐことで糖化が進められます。糖化が完了すると糖分を多分に含んだ,クリアな色味のウォートを得ることができます。

次の工程は発酵になります。


発酵について

ウォッシュバック
出典:whisky.com

ポイント

カーデュ蒸留所には合計10基のウォッシュバックが設置されており,4基がスコットランド産のヒバリという木材製,4基がオレゴンパイン製,2基がステンレス製となっています。酵母はクリーム状のものが採用されています。

糖化が完了したウォートは20度前後まで冷却したのち,酵母と共にウォッシュバックに投入することで発酵が進められます。発酵にかける時間は約75時間と比較的長めに設定されています。

発酵が完了するとアルコール度数約8%のもろみが完成します!

次の工程は蒸留になります!


蒸留について

ポットスチル
出典:whisky.com

ポイント

カーデュ蒸留所には容量12,000リットルのウォッシュスチルが3基,容量10,500リットルのスピリットスチルが3基設置されています。スチルはどれもストレート型であり,加熱方式は蒸気による間接加熱方式,冷却方式はシェル&チューブ方式が採用されています。

発酵で完成したもろみはまずウォッシュスチルに移され,初留が行われます。初留を終えた時点でアルコール度数約21%程度のローワインが得られます。

次いでローワインはスピリットスチルに移され,再留が行われます。再留によって得られるアルコールはミドルカットという工程を経ることで,熟成に適した風味が安定している部分のみが厳選されます。

ミドルカットを終えたニューポットはアルコール度数が約71%まで高められています。

次の工程は熟成になります!


熟成について

蒸留所の倉庫
出典:whisky.com
カーデュの樽
出典:whisky.com

ポイント

カーデュ蒸留所ではニューポットを加水によってアルコール度数を63.5%に整えてから樽詰めされます。

熟成環境について,蒸留所には大きなレンガ製のウェアハウスが建てられていますが,ここに収められる原酒が僅かです。ほとんど全ての樽はディアジオの中央倉庫へと運ばれ,熟成のピークを迎えるまでの長い間を眠ることとなります。


オフィシャルボトル一覧

カーデュ蒸留所のオフィシャルボトルを紹介していきます!

カーデュ12年

ポイント

カーデュ蒸留所のオフィシャルボトルのうち最もスタンダードな12年熟成のボトルです!

まとまりが良くバランス感の卓越した味わいを特徴としているため,女性や入門者向きのボトルに最適でしょう。

またカーデュはジョニーウォーカーのキーモルトでもあるため,飲み比べをしてみても面白いかもしれませんね!

価格帯

Amazon:4,979円(送料込み)

※2022年7月現在

香り

若い桃/ほのかなスモーク感/ライトボディ/モルティ/バニラ

味わい

モルトの甘み/バニラ/香ばしいピートスモーク/シロップ系の甘さ/白桃/スパイシー

余韻

穏やかなピートスモークとバニラの甘さが非常に長く続く

カーデュ15年

ポイント

15年以上熟成されたオフィシャルのカーデュになります!

スタンダード品の12年と比較して,より長い熟成によって得られたフルーツ香やトロピカル感が表出しています!

12年でカーデュを気に入った人や,初めて飲むカーデュとして外れないボトルを選びたい方はこの15年を選ぶことをお勧めします。

価格帯

Amazon:6,936円(送料込み)

※2022年7月現在

香り

果樹園の中/バニラ/モルティ/ケーキ/トロピカル

味わい

フルーツバスケット/バニラ/モルトの甘み/ショートケーキ/トロピカル/薄くピートスモーク

余韻

暖かいが辛口でスパイシーな余韻が長く続く

カーデュ18年

ポイント

カーデュ公式ラインナップの中では最も長熟な18年熟成のボトルです!スコッチシングルモルトの18年ものとしては破格の値段で買える高コスパボトル。

これまで12年や15年で感じられた風味に加えて,18年の熟成期間で花畑のようなフローラル感紅茶感が生み出されました。基本的な味わいは12年熟成のものを引き継いだ進化版と言った認識で正しいと思います。

王道でバランスの良い味わいなので,自分へのご褒美や大切な人へのプレゼントとしても有用なボトルと言えるでしょう!

価格帯

Amazon:7,698円(送料込み)

※2022年7月現在

香り

花畑のフローラル感/紅茶/バニラ/モルティ/フルーツバスケット/熟成感

味わい

フローラル/レーズンケーキ/紅茶/モルティ/バニラ/薄いが香ばしいピートスモーク/フルールバスケット

余韻

軽やかなフルーティさと柔らかいピートスモークが非常に長く続く

カーデュ アンバーロック

ポイント

アンバーロックは年数表記が無いながらも,カーデュのコアレンジに含まれる1本です!

焼入れたアメリカンオーク樽で2度の熟成を行うことで,強力なバニラ感や樽感,柑橘の風味が養われているのが最大の特徴です。

アンバーロックの名前には2つの由来があります。ひとつはこのウイスキーのアンバーがかった色合い,もうひとつはゲール語であるカーデュを訳した際の黒い岩(ブラックロック),これらの2つを組み合わせてアンバーロックという名称が与えられました。

価格帯

Amazon:5,770円(送料込み)

※2022年7月現在

香り

フローラル/フルーツ畑/強バニラ/オークの甘さ/はちみつ/柑橘系フルーティ/若干スパイシー

味わい

花畑/フルーツバスケット/バニラの甘さ/ウッディ/モルティ/柑橘/優しいピートスモーク/スパイシー

余韻

ウッディなビター感を伴う余韻が非常に長く続く

カーデュ ゴールドリザーブ

ポイント

ゴールドリザーブはマスターブレンダーのマシュー・クロウ氏自らが,トーストしたオーク樽で熟成させた原酒をバッティングしてボトリングした,NAの公式ボトルになります!

スタンダードな12年と比較して果実香がより豊富となっており,まさにスペイサイドらしい華やかな風味を特徴としています。ゴールドの印象にふさわしい煌びやかでわかりやすい甘さを是非ご堪能あれ。

価格帯

Amazon:5,478円(送料込み)

※2022年7月現在

香り

熟したフルーツバスケット/トフィー/柑橘/バニラ/オークの甘さ/モルティ/穏やかなピートスモーク

味わい

熟したフルーツの集合体/シナモン系スパイス感/柑橘/バニラ/ウッディ/モルティ/優しいピートスモーク/ダークチョコ

余韻

ウッディかつスパイシーな余韻が非常に長く続く

カーデュ スペシャルカスク

ポイント

スペシャルカスクリザーブは年数表記なしでありながら,アメリカンオークで長期熟成させた原酒を中心にバランスよくブレンドした,多様な原酒の個性を感じさせるボトルです!

ライトタイプでありながら非常に幅広いフルーツ香を有する,まさに万人受けタイプのウイスキーであると思います。シック並べるデザインも高級感がって非常に好印象ですね!

価格帯

Amazon:5,680円(送料込み)

※2022年7月現在

香り

りんご系フルーティ/柑橘/シナモン系スパイス/バニラ/モルティ/オークの甘さ/軽やか/チョコ

味わい

バニラ/ウエハース/スパイシー/キャラメル/柑橘/フルーツバスケット/シロップ

余韻

暖かくウッディな余韻が非常に長く続く

カーデュ ゴールドリザーブ
ゲームオブスローンズ

ポイント

カーデュの所有者のディアジオ社は「ゲーム・オブ・スローンズ」というアメリカでヒットしたドラマを作成していました。このドラマにちなんで,ディアジオは所有する8つの蒸留所から「Game of Thrones Single Malt Scotch Whisky Collection」題したボトルが発売されています!

カーデュらしいフルーツ香とスパイシー感のバランスが良く,人気ドラマのように多くの人が楽しめるボトルです!ラベルかっこよ…

価格帯

Amazon:6,800円(送料込み)

※2022年7月現在

香り

豊かなフルーツ香/バニラ/オークの甘さ/モルティ/スパイシー/チョコ系のビターさ

味わい

りんご/フルーツバスケット/ダークチョコ/モルティ/ウッディ/シナモン/トフィー/オレンジピール

余韻

香ばしいビター感と華やかなフルーティ感が非常に長く続く

参考資料

参考サイト:whisky.com / scotchwhisky.com