【おすすめ】1000円台で買える最高に美味しいブレンデッドウイスキー10選とその特徴|ウイスキーラウンドアップ

記事の概要

この記事では,「1,000円台」という手に取りやすいリーズナブルな価格帯で購入することができる,非常に美味しいブレンデッドスコッチウイスキーを10本選出し,各ボトルについて,ブランドの概要から香りや味わいまでを細かくまとめてみました。

 今回選出したボトルの中には,世界中で人気を博し,ウイスキーの売上ランキングでもTOP10に入るボトルが多く含まれており,どれも価格帯に対しては目を見張るほどの飲みやすさ・独自の個性がしっかりとあります。
 初心者にとっては入門ボトルとなり,ウイスキーをよく飲まれる方にとっては常飲ボトルとなる。そんな高い汎用性を誇っているウイスキーばかりなので是非チェックしてみてください…!

\\執筆者情報//

whisky_roundupのアバター

初谷(はつがい)

ウイスキーに関わるあらゆる情報をまとめ,「ウイスキーを知りながらより深く楽しめる記事」を発信しています。
【Shop】ウイスキー専門店『Drinkable books』
【経歴】東京都立大卒|元公務員・ネット酒屋開業
【資格】JWRC公認ウイスキーエキスパート|ウイスキー検定2級
【その他】バンド「Candid moment」のドラマー

各種SNSも運用中!

ブレンデッドウイスキーとは…?

 本題のボトル紹介に入る前に,まずは「ブレンデッドウイスキーとは一体どんなものなのか?」という点について,改めて説明をしておきます。
 ちなみにウイスキーの定義は国によって異なる場合がありますが,この記事ではスコッチウイスキーに着目してボトルを選出するため,ここではスコットランドにおけるウイスキーの定義をまとめていきます。

スコッチウイスキーの種類と定義

 スコットランドにおけるウイスキーの定義は英国の法律「スコッチウイスキー規則」にて次のように定められています。

  • 原料は水・酵母・大麦麦芽及びその他の穀物とすること
  • スコットランドの蒸留所で糖化・発酵・蒸留を行うこと
  • アルコール度数94.8%以下で蒸留すること
  • 容量700リットル以下のオーク樽で熟成させること
  • スコットランド国内の保税倉庫もしくは許可された場所3年以上熟成させること
  • 添加物は水及びスピリッツカラメルのみとすること
  • アルコール度数40%以上でボトリングすること

 以上の定義に沿って作られたウイスキーのみがスコッチウイスキーを名乗ることができますが,このスコッチウイスキーはさらに,使用される原料の違いによって,次の5種類に大別することができます。
 かつてはこの原料の違いによるウイスキーの分類は曖昧な定義でしたが,2009年に改正されたスコッチウイスキー規則にて,明確に呼び名と定義が定められる運びとなっています。

『1000円台で買える』
ブレンデッドウイスキー10選

 早速1,000円台で買うことのできるブレンデッドスコッチウイスキーを10本紹介していきたいと思います!

 今回選出したブレンデッドウイスキーは,どれも世界的な人気を誇る飲みやすいブランドのみ。飲み方を問わず美味しく,気軽に飲めることから,家に一本置いておくと有難いボトルばかりです。
 また総じて初心者の入門ウイスキーとしても最適なボトルばかりなので要チェックです!

ジョニーウォーカー レッドラベル

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

ジョニーウォーカー」は,1830年頃にジョン・ウォーカー氏が製造を開始したブレンデッドウイスキーのブランドであり,現在は業界大手のディアジオ社によって運営されています。
 その最大の名声は,世界のウイスキー売上ランキングで第1位(2021年)に輝いている点にあり,現在世界で最も普及しているウイスキーとして,年間2億本以上のボトルが出荷されている超人気のブランドです。

 その中でもこの「レッドラベル」は最もリーズナブルなエントリークラスのボトルという位置付けであり,1909年に初めて販売された時と変わらず,歩く英国紳士”ストライディングマン”が描かれた,斜めに24°傾いたラベルが特徴となっています。
 味わいについてはジョニーウォーカーらしく,タリスカーに由来する個性的なスモーキーテイストをベースとしていながらもフルーティな要素が損なわれておらず,バランスのよい飲みやすさに長けた構成となっています。

キーモルト

タリスカー|カーデュ|カリラ

香り

爽快な潮風|ほんのりピーティ|胡椒スパイス|バニラ|フレッシュな柑橘|りんご系フルーティ

味わい

赤りんご|潮風とピート|バニラ|胡椒とシナモン|ビターなウッディネス|柑橘フルーツ

余韻

フルーティ&クリーミーな甘さとほのかなスモーキー感が長く残る


バランタイン ファイネスト

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

バランタイン」は,1800年代後期頃よりジョージ・バランタイン氏が手がけていたブレンデッドウイスキーをルーツに持つブランドであり,現在はペルノリカール社によって運営されています。
 またジョニーウォーカーに続き,バランタインは世界のウイスキー売上ランキングで第2位(2021年)に位置するブランドであり,クセのない飲みやすさを最大の魅力としています。

 この「ファイネスト」は,バランタインの入門グレードに位置するボトルであり,40種類を超える原酒が使用されていることから,すっきりとした飲みやすさと,バニラや柑橘の要素からなるスコッチウイスキーらしさが両立されたテイストを持っています。
 圧倒的なリーズナブルさと無駄のないテイストであることから,スコッチウイスキーの入門に最も相応しいボトルと言っても過言ではないでしょう。

キーモルト

スキャパ|ミルトンダフ|グレンバーギ|グレントファース

香り

バニラ/はちみつ/クリーミー/柑橘フルーツ/若いりんご/僅かにピートスモーク

味わい

バニラ/芳醇な樽香/はちみつ/優しい柑橘/キャラメル/薄くビターなピート感

余韻

ほのかな甘みとウッディなビター感が長く残る|バランスが非常に良い


ホワイトホース ファインオールド

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

ホワイトホース」は1890年,当時ラガヴーリン蒸留所を所有していたピーターマッキー氏が生み出したブレンデッドウイスキーのブランドになります。ちなみにブランド名およびラベルの馬はホワイトホースセラーという旅籠(食事の出る宿)がモチーフとなっています。

 ホワイトホースは主に日本やブラジル,ギリシャ,アメリカなどで広く販売されており,中でも我が国日本では,スコッチウイスキー売上ランキングで第1位に輝く大人気のブランドです。
 構成には圧倒的なスモーキーフレーバーを有するラガヴーリンや,軽やかではちみつのように甘いグレンエルギンなどが使用されており,ほのかなスモーキーさを持つまろやかなテイストが完成されています。

キーモルト

ラガヴーリン|クライゲラキ|グレンエルギン|オルトモア

香り

オークの甘さ|適度なピートスモーク|トフィー|フローラルなはちみつ|バニラ|ドライな柑橘

味わい

ウッディなスイート&ビター|ほど良いスモーキー|はちみつ|バニラ|フレッシュな柑橘|モルティ

余韻

オーク&バニラ&弱ピートスモークの要素が残り,長く続く余韻


デュワーズ ホワイトラベル

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

デュワーズ」は1846年にジョン・デュワー氏が生産を開始したブレンデッドウイスキーにルーツを持つブランドになります。今では世界のウイスキー売上ランキングにて第6位(2021)に輝き,特にアメリカにおいては”スコッチウイスキーといえばデュワーズ”という代名詞的な人気を誇っています。

 デュワーズはアバフェルディのモルト原酒を中核に据え,40種類以上もの原酒をブレンドすることで完成していますが,最大の特徴は全ての原酒を一度ブレンドしたのちに,再度樽詰めして熟成させる「ダブルエイジ製法」を適用している点にあります。このひと手間により,原酒の方向性が統一され,馴染みが良く滑らかな飲みやすさが得られています。

 この「ホワイトラベル」はデュワーズの中でも最も入門グレードに位置するリーズナブルなボトルであり,フローラル感やヘザーハニーの甘さから,微かにスモーキーさまでを持った,バランスの良いテイストが魅力的なボトルになります。

キーモルト

アバフェルディ|ロイヤルブラックラ|オルトモア|クライゲラキ|マクダフ

香り

フローラル/ヘザーハニー/バニラ/洋梨/柑橘系フルーティ/モルティ

味わい

ほのかな甘さ/優しいスモーキー/ヘザー/はちみつとバニラ/花のみつ

余韻

甘さとスモーキーさのバランスがとても良く,深い余韻


ティーチャーズ ハイランドクリーム

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

ティチャーズ」は1860年にウィリアム・ティーチャー氏が自分のブレンデッドウイスキーを「ティーチャーズ・ハイランドクリーム」として商品化したことにより,誕生したブランドになります。
 その後も100年以上に渡り,ティーチャー氏の子孫によってブランドが運営され,一時期こそキーモルトを作るアードモアやグレンドロナックなども傘下に抱えていましたが,現在はサントリー社の傘下となっています。

 この「ハイランドクリーム」は,前述の通りブランドのルーツに当たり,現在もティーチャーズの看板としてブランドの最もスタンダードなボトルの役目を担っており,アードモア由来の洋梨系のフルーティさと適度なスモーキーさを感じることが出来ます。
 また最近のブレンデッドウイスキーはモルト比率が30%程度であるケースが多いですが,ティーチャーズは45%以上とされており,これは約150年前に主流であったブレンドスタイルに近く,創業当時から製法が変更されていないことがわかります。

キーモルト

アードモア|グレンドロナック

香り

ほのかなピートスモークとヨード系の潮感|濃いりんご感|モルティ|クリーミーな印象

味わい

モルティな甘さ|りんごと洋梨|スモーキー&ヨード|バニラ|柑橘

余韻

爽やかなフルーティさと優しいスモーキーテイストが残る


カティサーク オリジナル

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

カティサーク」は1923年,大手スピリッツ商のベリー・ブラザーズ&ラッド社が主にアメリカ市場向けに考案したブレンデッドウイスキーブランドになります。名前の由来は,19世紀に紅茶を輸送する役目を担っていた高速帆船の「カティーサーク号」にあるとされています。
 現在ブランドはフランスのラ・マルティニケーズ社が所有していますが,日本ではバカルディ社が代理店となって販売が行われています。

 この「カティサーク・オリジナル」はブランドのフラッグシップ的なボトルであり,ノンカラーリングのナチュラルな色味に柑橘系のライトなフレッシュネスを有したキレの良い爽快感を最大の魅力としています。ストレートはもちろんハイボールとの相性が抜群です。

キーモルト

グレンロセス|ブナハーブン|ザ・マッカラン|ハイランドパーク|タムドュー

香り

ハーブ|爽快な柑橘フルーツ|ホワイトチョコ|モルティ|花畑フローラル

味わい

華やかなオレンジとレモン|軽くすっきり|モルティ|木香|僅かにレーズン

余韻

明るく鮮やかな柑橘フルーツ|キレがとても早くライト


グランツ トリプルウッド

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

グランツ」は1900年頃,グレンフィディックやバルヴェニーを運営するウィリアムグラント&サンズ社が,当時の大きなブレンデッドウイスキーメーカーが倒産して原酒の販売先に苦難したことを機に,独自に生み出したブランドになります。
 現在まで所有者が変わることはなく,レシピも100年間ほとんど変えられていないクラシカルなブランドですが,世界のウイスキー売上ランキングで第4位(2021年)に位置しており,古豪的な人気を保持し続けています。

 キーモルトはグレンフィディック,バルヴェニー,そして1990年に創業したキニンヴィが加わり,バニラや青りんごのような華やかな甘さと,力強く甘いウッドスモークが魅力的。
 特にこの「トリプルウッド」はヴァージンオーク樽・アメリカンオーク樽・1stフィルバーボン樽の3種の樽で熟成された原酒によって構成されており,ブランドの最もスタンダードな飲みやすいボトルとして販売されています。

キーモルト

グレンフィディック|バルヴェニー|キニンヴィ

香り

ライトでクリーン|洋梨|モルティ|バニラ|強いウッドスパイス|夏の晴空

味わい

クッキーとバニラアイス|洋梨|フローラル|ウッディなビター|微かにスモーキー

余韻

力強いウッドスモークとクリーミーな甘みが長く残る


ベル オリジナル

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

ベル」は1800年代中期にブレンダーとして活躍していたアーサー・ベル氏が手掛けていたブレンデッドウイスキーをルーツとし,彼の息子が1904年に「ベル」と名付けたことで誕生したブランドになります。
 現在はディアジオ傘下となっていますが,主に英国において門出を祝う酒として広く浸透しており,もちろん売上はNO.1。より広く世界に目を向ければ,ウイスキー売上ランキングで第10位(2021年)に位置するメジャーなブランドです。

 この「ベル・オリジナル」はブランドの最もスタンダードなボトルであり,バニラ系の甘みとカカオやウッディ系のビターな風味が主体。大衆的でありながらボディの厚みと力強さに長けた魅力的なウイスキーです。

キーモルト

ブレアアソール|インチガワー|ダフタウン|グレンキンチー|カリラ

香り

グレープフルーツ系の柑橘感|青リンゴ|ナッティ|カカオ|ウッドスモーク|モルティ

味わい

フレッシュな青リンゴ|カラメル|ビターチョコ|シナモンスパイス|ダークなウッドスモーク

余韻

カカオ系のビター感とほのかなウッドスモークが残る


ブラック&ホワイト

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

ブラック&ホワイト」は1884年にジェームズ・ブキャナン社がリリースした「ブキャナンズブレンド」をルーツに持つブランドであり,のちに黒いボトルと白いラベルから着いた愛称に由来して「ブラック&ホワイト」に改名されました。
 日本には正規の輸入代理店が存在しないため比較的マイナーに感じますが,主に世界有数のウイスキー消費国であるインドで売上を伸ばしていることから,世界のウイスキー売上ランキングでは第8位(2021年)に座しています。

 ブラック&ホワイトはオイリーな穀物系の甘さやぶどう系のフルーティー感などのすっきりとした甘口の風味を特徴としており,飲み方を選ばない汎用性の高さが魅力的です。

キーモルト

ダルウィニー|クライヌリッシュ|グレンダラン

香り

フレッシュな柑橘|木香とウエハース|胡椒スパイス|モルティ|僅かにピートスモーク

味わい

バニラ|ウッディなスイート&ビター|ビスケット|はちみつ|柑橘|優しいピートスモーク

余韻

スイート&ビター&ライトピートのバランスが整った余韻


ハイランドクイーン シェリーカスク

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

ハイランドクイーン」は1893年,マクドナルド&ミューア社が創設したブレンデッドウイスキーのブランドであり,会社の所在地であるリースが悲劇の女王とも呼ばれたクイーン・メアリーにゆかりのある土地であったことに準えて命名されました。

 マクドナルド&ミューア社は1900年代中期までグレンモーレンジやグレンマレイを所有していた時期があり,ハイランドクイーンもこれらの原酒をキーとして構成されていました。
 しかし2008年にブランドの所有権がタリバーディンを所有するメゾン・ミッシェル・ピカール社に移っており,以降はタリバーディンがキーモルトとされています。グレンモーレンジやグレンマレイの原酒が現在のハイランドクイーンに使用されているのかどうかは不明です。

 この「シェリーカスク」は2018年に刷新されたブランドラインナップのひとつであり,シェリー樽フィニッシュ原酒を構成にしようすることで,ナッツやドライフルーツのような香ばしい甘さと付加的なウッドスパイスが,独自の複雑な風味を演出しています。

キーモルト

タリバーディン

香り

甘い|カスタードプリン|レーズン|ほのかなハーブ感|アーモンド|ビターチョコ

味わい

ハーブとフローラル|バニラ|ブラウンシュガー|コーヒー系ビター|ナッティ|ドライフルーツ

余韻

マジパン系の甘さとコーヒ系のビター感が残る|比較的キレが早い

ハイランド・クイーン シェリー樽フィニッシュ 40% 700m

created by Rinker
ハイランド・クイーン
¥2,060 (2024/05/23 07:01:21時点 Amazon調べ-詳細)

関連のおすすめ記事

各種SNS運用中!
フォローしてね👍