【おすすめ】常飲ハイボールからのステップアップ ワンランク上のウイスキー10選|ウイスキーラウンドアップ

記事の概要

 最近はウイスキーが人々の生活に定着しはじめ,居酒屋や家飲みでもウイスキーの炭酸割り(ハイボール)を飲まれる方が増えてきたのではないでしょうか?実際にハイボールを注文する人の数は全世代でかなり多くなってきており,これは健康意識の高まりによって,ビール等の醸造酒よりも低カロリー・低糖質であるウイスキーに注目が向いていることが背景にあると考えられます。

 幸いにもよくハイボールに活用されるウイスキーは世界的にも超メジャーであり,誰が飲んでも美味しいと思えるような素晴らしいボトルである場合がほとんど。そのような銘柄に多くの人が触れやすい環境が醸成されているのはとても喜ばしいことです。そこでこの記事では,何らかの機会によってウイスキーの楽しみに触れた人々に対し,今後さらに深いウイスキーの楽しみにステップアップする足掛かりとなるように,ちょっとだけ贅沢なワンランク上の美味しいウイスキーを10本ご紹介していきます!

ウイスキーに接する人は増えている?

 昨今は徐々にウイスキー文化の広まりを感じますが,実際に各世代の人々がどの程度ウイスキーに接する機会を持っているのでしょうか。ファンくる(株式会社ROI)による調査結果を元に,少し考察していきましょう。

1番好きなお酒は?

 単純に一番好きなお酒を尋ねたケースでは,やはりビールが圧倒的。ハイボールを第一に掲げた人々の数は全体の10%程度に留まったものの,特に20代においては全体の約20%がハイボールを選択しており,他の世代の2倍程度の人気を誇っていることがわかります。
※ハイボールのベースは分かりかねますが,ここではとりあえずウイスキーとして考えています。ご容赦ください。

2杯目以降はハイボール?

 非常に悔しいながら,未だに居酒屋での一杯目と言えばビールが主流です。しかし,意外にも飲み会の途中でビールから他のお酒に切り替える人の割合については,全世代に渡って6割程度は居るようであり,しかもその30%程度がハイボールに切り替えているそうです。
 このように居酒屋で気軽に飲めるお酒として,ウイスキーもといハイボールは,割と大きなシェアを獲得しつつあり,多くの人がウイスキーとの接点を持ち始めていると言えるでしょう。

【常飲ハイボールからStep Up】ワンランク上のウイスキー10選

 前述の考察より,若い世代(20代)はより多くの人がハイボールを好む傾向があること。及び全世代に渡って,2杯目以降にハイボールを注文する人が3割程度いることが分かり,意外にも多くの人がウイスキーとの接点を持っていることが分かりました。

 この状況はウイスキー文化をより深く,より広く広めたい私個人の立場からはとても喜ばしく,是非とも居酒屋の一杯から,もっとラグジュアリーな一杯に歩み進めていただきたいところ。その様な興味を持っていただけた方がいらした時のために,ここからはそんな用に供するワンランク上(3,000〜5,000円程度)の美味しいウイスキーを10本ご紹介していきます…!

ザ・グレンリベット12年

種別シングルモルトスコッチウイスキー
度数40%
容量700ml
地域スペイサイド

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

 『ザ・グレンリベット12年』は,スコットランドのスペイサイド地方にて,1824年に業界で初めて政府公認を受けたザ・グレンリベット蒸留所が手がける,最もスタンダードなオフィシャルシングルモルトになります。その歴史的背景から,文字通り”全てのシングルモルトの原点”とも言えるボトルであり,さらに飲みやすく王道な味わいを持っていることから,世界トップクラスの人気を保持し続ける超メジャーな銘柄と言えます。

 その原酒構成は,アメリカンオーク樽ヨーロピアンオーク樽の2種類の樽で熟成されたものとなっており,クリーミー&フルーティ&ナッティなバランスの良さに長けた味わいが展開されています。本格的なウイスキーの楽しみに足を踏み入れるならば,このボトルだけは避けて通ることができないでしょう。ステップアップの一歩目には,まずこのボトルを是非とも飲んでみてください!!

香り

クリーミーなバニラ|パイナップル|オレンジ|爽やかでどこか懐かしい夏|程よい酸味感

味わい

ナッツ感|オレンジ中心の柑橘系|トロピカル|ウッディなバニラ|ミネラル感|クリーン|チョコレート

余韻

優しいウッディ感や草原のような自然の香りが長く続く

created by Rinker
THE GLENLIVET (ザ・グレンリベット)
¥4,280 (2024/04/14 11:31:53時点 Amazon調べ-詳細)

グレンフィディック12年

種別シングルモルトスコッチウイスキー
度数40%
容量700ml
地域スペイサイド

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

 『グレンフィディック』はスコットランドのスペイサイドに建つグレンフィディック蒸留所が手がけるシングルモルトのブランドになります。そのウイスキーのクリーンかつ華やかなで誰から見ても美味しいと捉えられるテイストが功を奏し,グレンリベットに並んで人気ランキングトップを争う一銘柄となっています。また,こちらも歴史を見れば,世界に対して初めてシングルモルトを売り出した蒸留所であることが知られており,崇高な価値を持つブランドと言えます。

 そのウイスキー作りでは,糖化・発酵・蒸留の各工程に伝統の染み込んだ技術者が配置されており,樽の製造や調整を行うクーパレッジまでもが設置されているという徹底したこだわりっぷり。この『グレンフィディック12年』はそのようなこだわりの元で生み出された原酒を,アメリカンオーク樽・スパニッシュオーク樽で12年以上熟成させることで完成しています。

 このボトルも歴史的・美味しさ的に飲んでおかなければならない銘柄の一つ。シングルモルトの中でも最高クラスに飲みやすい味わいなので,ワンランク上と言いつつも,是非とも気軽に試してみてください!

香り

洋梨|甘い青リンゴ|フレッシュなレモン|甘いオーク香|森林と蜂蜜

味わい

洋梨|青リンゴ|フローラル|クリーミー|自然なはちみつ

余韻

洋梨系のフルーティ感とウッディなビター感

created by Rinker
GLENFIDDICH(グレンフィディック)
¥4,584 (2024/04/14 16:21:06時点 Amazon調べ-詳細)

グレングラント アルボラリス

種別シングルモルトスコッチウイスキー
度数40%
容量700ml
地域スペイサイド

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

 『グレングラント』はイタリアのカンパリ社の傘下として,スコットランドのスペイサイドで操業しているグレングラント蒸留所が手がけるシングルモルトブランドになります。またそのウイスキーは主にイタリア国内で絶大な人気を誇っており,同国ではシングルモルトの代名詞的な地位を獲得しています。ウイスキーの生産では,ウイスキー大国のスコットランドでも珍しいストゥーパ型のポットスチルで蒸留を行い,熟成からボトリングまでもを蒸留所内で行うことができる,大規模な生産体制を有しています。

 中でもこの『グレングラント アルボラリス』は”木漏れ日”を意味するアルボラリスを表題に掲げ,ノンピート麦芽を原料とし,バーボン樽とシェリー樽で熟成された原酒で構成されているのが特徴。極度にリーズナブルなシングルモルトでありながら,柑橘系の華やかな風味をベースに,ライトでスムースな口当たりを有しており,コスパの観点からは右に出るもののいない超有力銘柄になります。

 とにかくコスパが良いので,購入のハードルが低い!ワンランク優れた日常の晩酌にいかがでしょう?

香り

フローラル|柑橘系フルーティ|レーズン|オークの甘さ|とても華やか

味わい

ドライフルーツ|フローラル|レーズン|ウッディ|バタースコッチ|洋梨|バニラ

余韻

華やかでフルーティ|適度にスパイシーな余韻が長く続く

created by Rinker
THE GLEN GRANT (ザ グレングラント)
¥2,873 (2024/04/14 16:21:07時点 Amazon調べ-詳細)

ザ・シングルトン
ダフタウン12年

種別シングルモルトスコッチウイスキー
度数40%
容量700ml
地域スペイサイド

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

 『ザ・シングルトン』は業界最大手企業のディアジオ社が手がけるシングルモルトブランドであり,世界の地域によって中身のシングルモルトが異なっているのが最大の特徴。具体的に言うと,アジアでは”グレンオード蒸留所”,アメリカでは”グレンデュラン蒸留所”,欧州と日本では”ダフタウン蒸留所”の原酒が使用されていることが明かされており,今回取り上げるのは『ダフタウン12年』になります。

 ダフタウン蒸留所はスペイサイド地方,グレンフィディックの近くに建てられていますが,生産される原種のほぼ全てが「ベル」を筆頭としたブレンデッド用に使用されているため,シングルモルトは割とマイナーな部類です。しかしウイスキーの生産では,水や土壌などの地の利を最大限に活かしつつ,伝統的な製法を保持することにより,絶えず高品質なウイスキーが作られています。

 そしてこの『ダフタウン12年』に使用される原酒は,ヨーロピアンオークのシェリー樽とアメリカンオークのバーボン樽で熟成されたものとされており,軽快なフローラル香やレーズン,バニラの甘みなどの魅力的な美味しさをしっかりと持っています。価格帯も非常にリーズナブルなため,ハードルが低めのステップアップとしてベストなチョイスになり得ます!

香り

ほのかな白桃感|ナッティ|オレンジ系柑橘|青リンゴ|モルティ

味わい

青リンゴ|洋ナシ|柑橘の香り|ナッティ|モルティ|スパイシー

余韻

穀物と柑橘の華やかな印象が残る

created by Rinker
THE SINGLETON(ザ・シングルトン)
¥4,169 (2024/04/14 21:11:54時点 Amazon調べ-詳細)

ジョニーウォーカー
グリーンラベル15年

種別ブレンデッドモルトスコッチウイスキー
度数43%
容量700ml
キーモルトタリスカー,リンクウッド
クラガンモア,カリラ

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

 『ジョニーウォーカー』は世界で最も売れているブレンデッドスコッチウイスキーのブランドとして広く知られており,現在進行形で世界中の多くの人から絶大な人気を獲得し続けるトップ・オブ・ザ・トップのウイスキーになります。

 中でも『グリーンラベル15年』は少々特殊なラインナップであり,ブレンドにグレーン原酒を使用しないブレンデッドモルトタイプを採用。キーモルトにはディアジオ系列の”タリスカー・リンクウッド・クラガンモア・カリラ”という名だたる4銘柄を据え,バランスを取りながらもしっかりとした個性を持つ満足感の高いウイスキーが完成しています。

 通常のブレンデッドウイスキーよりも深いモルトの旨みを持つこのウイスキーは,まさしくワンランク上の存在。世界一の美味しさを是非とも体感してみてください!

香り

青リンゴ|樽っぽいバニラ香|ナッツ|モルトの穀物感|ひっそりとアイラピート|草原

味わい

クリーミー&モルティ|弱く枯れ草ピートスモーク|アーモンド|蜂蜜|ウッディビター

余韻

ビターな樽熟成感と優しく漂うアイラ島のピート感

created by Rinker
JOHNNIE WALKER(ジョニーウォーカー)
¥5,829 (2024/04/15 02:33:38時点 Amazon調べ-詳細)

モンキーショルダー

種別ブレンデッドモルトスコッチウイスキー
度数40%
容量700ml
キーモルトグレンフィディック
バルヴェニー,キニンヴィ

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

 『モンキーショルダー』は,グレンフィディック蒸留所などを所有する一大企業”ウィリアム・グラント&サンズ社”が手がける,100%モルト原酒由来のブレンデッドモルトウイスキーになります。モチーフの猿は,かつてフロアモルティングが主流の時代に職人が感じる肩の痛みが「モンキーショルダー」と形容されていたことに由来するものであり,彼らの働きに敬意を示すもの。これが今ではボトルデザインの一環として,肩に付けられた3匹の猿モチーフに表されています。

 そのキーモルトは通常よりも少なく厳選されており,それらは所有者を同じとするグレンフィディック,バルヴェニー,キニンヴィの3蒸留所の原酒。注目はシングルモルトリリースがほとんどないキニンヴィであり,こちらはその希少性から”幻のシングルモルト”と呼ばれる代物。モンキーショルダーはそれを味わえる数少ない銘柄でもあります。

 ボトルデザインやその構成など総じてキャラ立ちが良く,客観的な評価も高い良銘柄。前述のグレンフィディックと併せて楽しむのも良いかもしれません!

香り

超フルーティ|洋梨とりんご|バニラアイス|メープルシロップ|シナモンスパイス|オークの甘さ

味わい

洋梨と青リンゴ|はちみつ|シロップ|モルティ|エステリーな甘み|バニラ|ウッディなビター感

余韻

余韻にはオーキーなビター感やエステリーな華やかさが残る

created by Rinker
モンキー・ショルダー
¥3,619 (2024/04/14 06:17:56時点 Amazon調べ-詳細)

バスカーシングルモルト

種別シングルモルトアイリッシュウイスキー
度数44.3%
容量700ml
蒸留所ロイヤルオーク蒸留所

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

 『バスカー』はアイルランドのカーロウ州にて,2016年に創業したばかりの”ロイヤルオーク蒸留所”が手がけるオフィシャルウイスキーのブランドになります。同蒸留所は多彩な原種の作り分けを得意としており,バスカーブランドからはブレンデッド・シングルモルト・シングルグレーン・シングルポットスチルの4タイプのウイスキーが既にリリースされています。

 今回ピックアップしたのは青いラベルが特徴的な「シングルモルト」であり,こちらはアイルランドで伝統的な3回蒸留を施し,バーボン樽とシェリー樽で熟成された原酒によって構成されているのがポイント。3回蒸留によるクリーンな酒質は短期熟成に適しており,若い蒸留所ながら既に異様な人気の高まりを見せる期待のブランドです。

 今回紹介するボトルたちの中では大衆寄りのボトル。知る人ぞ知るコスパ最強酒としての地位を確立しつつあるので,是非とも気軽に購入してみてください!

香り

熟したりんご|パイナップル|南国感|ビタミンジュース|モルティ|ハーブ|フローラル|シナモン|バナナ|ラムネ菓子

味わい

パイナップル|南国フルーツ|ラムネ菓子|フレッシュなりんご|キャラメリゼナッツ|クッキー|フローラル|ウッディネス|シナモン|バナナ|ミルクチョコ

余韻

暖かい花畑感|僅かなスパイス香


ブッシュミルズ
ブラックブッシュ

種別ブレンデッドアイリッシュウイスキー
度数40%
容量700ml
特徴3回蒸留・バーボン樽・シェリー樽
モルト原酒8割・グレーン原酒2割

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

 『ブッシュミルズ』は北アイルランドの北部に建つブッシュミルズ蒸留所が手がけるウイスキーのブランドになります。このブッシュミルズはアイルランドで唯一,アイリッシュ業界の低迷期を乗り越えて残存している蒸留所であり,その歴史は現在の土地において1608年に当時の国王より蒸留免許を付与されたところまで遡ることができます。実際に現在の建物が建設されたのは1784年とのことですが,十分すぎるほどに歴史的な存在価値を持つ蒸留所です。

 そのウイスキー作りにおいては「ノンピート麦芽100%,3回蒸留」というアイルランドの伝統が重視されており,軽くすっきりでフルーティなアイリッシュらしさに長けた風味が特徴的。中でも『ブラックブッシュ』にはオロロソシェリー樽とバーボン樽で最長7年の熟成を行ったモルト原酒が全体の8割も使用されており,通常のブレンデッドウイスキーよりも円熟感や味わいの深みが感じられるのが最大の魅力です。

 軽やかな舌触りと奥深い旨みが共存する様はまさしくワンランク上。アイリッシュウイスキーの入門にも十分な存在感を見せる主力銘柄です!

香り

ウッディな木樽感|ドライな穀物|レーズン混じりバニラ|フローラル|ベリー感

味わい

バニラとカラメル|ウッディ|柑橘ドライフルーツ|ドライな穀物|ダークチョコ

余韻

コーヒー系のビター感|穀物のエステリー感

created by Rinker
ブッシュミルズ
¥2,615 (2024/04/14 21:11:56時点 Amazon調べ-詳細)

ウッドフォードリザーブ

種別バーボンウイスキー
度数43%
容量750ml
蒸留所ウッドフォードリザーブ蒸留所

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

 『ウッドフォードリザーブ』はアメリカのケンタッキー州最古の蒸留所とも呼ばれるウッドフォードリザーブ蒸留所が手がけるオフィシャルバーボンのブランドになります。非常に歴史の深い蒸留所ですが,アイルランド由来のポットスチルによる3回蒸留という手間のかかる伝統的手法を採用していることから,生産規模があまり大きくないのが特徴です。

 マッシュビルは「とうもろこし72%・ライ麦18%・大麦麦芽10%」とされており,原料穀物に由来する端正なバランスの良さと,3回蒸留によるフルーティかつクリーンなテイストを魅力とするウイスキーが生み出されています。ちなみにその品質の高さや多様な味わいの数々が高く評価され,名だたる世界のトップバーがカクテルベースに採用する著名なバーボンでもあります。

 バーボンの中でも一際強い存在感を放つウッドフォードリザーブ。ステップアップには相応しい逸品と言えるでしょう!

香り

ほんのりメロン感|りんごエステリー|ウッディビター|蜂蜜|バニラ|ミント

味わい

オレンジ|木っぽいレーズン|ビターキャラメル|ナッツ|蜂蜜とブレッド|ダークチョコ

余韻

ウッディ&モルティ|スパイシーで温かみがある

created by Rinker
WOODFORD RESERVE(ウッドフォードリザーブ)
¥4,003 (2024/04/15 02:33:39時点 Amazon調べ-詳細)

サントリー ローヤル

種別ブレンデッドジャパニーズウイスキー
度数43%
容量700ml
キーモルト山崎・白州

画像クリックでAmazon商品ページへ

ポイント

 『サントリー ローヤル』は日本のサントリー社,その創業者の鳥井信治郎氏が1960年に生み出したブレンデッドジャパニーズウイスキーのブランドになります。具体的な原酒構成こそ明かされていませんが,同社の山崎・白州・知多をブレンドした純粋なジャパニーズウイスキーであり,漢字の酉をイメージしたボトルと鳥居がモチーフの大きなコルク栓も相まって,高級ウイスキーの代名詞として人気を博するボトルです。

 キーモルトになっているのは山崎のパンチョン樽原酒と白州の竹炭濾過原酒とのことで,強いフルーティテイストを持つ山崎の個性と,森林や軽快なピート香を持つ白州の魅力は織りなす見事なバランス感が最大の魅力。年々入手が困難となるジャパニーズウイスキーの魅力を比較的身近に感じることができる有難いボトルです。

 やはり国産ウイスキーというだけで親近感が湧くもの。もしかするとツーランクくらい上になってしまうかもしれませんが,ローヤルは大きなステップアップになります!

香り


熟したフルーツ|はちみつ|キャラメル|ぶどうの渋み|ドライフルーツ|やや焦げた砂糖

味わい

砂糖をまぶしたドライフルーツ|コーヒー系ビター感|ラムレーズン|ナッツ|ごく僅かにドライなスモーク|ウッディ

余韻


奥深いフルーティな甘みとウッディなビター感がバランスよく長く残る

created by Rinker
ローヤル
¥4,050 (2024/04/14 06:17:56時点 Amazon調べ-詳細)

各種SNS運用中!
フォローしてね👍