ザ・マッカラン蒸留所(The macallan)|場所・歴史・製法・ボトル|ウイスキーラウンドアップ

記事の概要

世界中の蒸留所図鑑完成を目標としたシリーズです。

今回はスコットランドより「ザ・マッカラン蒸留所」になります!

Points!「立地・歴史・伝統的な製法・オフィシャルボトルの簡単な解説」

ザ・マッカラン蒸留所

マッカラン蒸留所の立地・歴史・製法についてまとめていきます。

蒸留所全景
出典:サントリー公式

蒸留所の概要

創業年1824年
所有会社エドリントングループ社
地域分類スペイサイド
スペイ川中流域
発酵槽ステンレス製12
ポットスチル初留12基・再留24基
仕込み水スペイ川の伏流水
ブレンド先シーバスリーガル
フェイマスグラウス
カティサークなど

「ザ・マッカラン蒸留所」蒸留所の立地

ポイント

マッカラン蒸留所はスコットランドのスペイサイドを流れる代表的な河川であるスペイ川の中流域、具体的にはクライゲラキ村の対岸に所在しています。

またスペイ川の中流域はかつても密造時代から多くの蒸留所が栄える土地であり,現在でもおよそ15箇所もの蒸留所が操業しているウイスキー産業の中心地になります。

また蒸留所の程近くには「イースターエルキーハウス」という美しい領主の館があり,そこからはスペイ川を挟んで対岸にベンリネス山を望むことができます。この館は蒸留所で働く人々の”スピリチュアルホーム(心の拠り所)”とされていて,大切な来賓を招いての試飲会なども行われています。

ちなみにMacallanという名称にはゲール語に由来があり,肥沃な土地を意味する「Magh」とアイルランド人の牧師である聖フィランを意味する「Ellan」の2単語を掛け合わせたものになります。

「ザ・マッカラン蒸留所」蒸留所の歴史

ザ・マッカラン蒸留所の歴史を年表形式でまとめていきます!

西暦年内容
1824年アレクサンダー・リード氏が蒸留所のライセンスを獲得してマッカラン蒸留所を正式に創業する
1824年以前も密造としてウイスキーの生産が行われていた
1847年創業者リードの死後,蒸留所はジェームズ・シアラージェームズ・デビットソンへと引き継がれる
1868年蒸留所のリースをジェームズ・スチュアート&Co社が獲得する
同社のもとで再建が行われる
1892年蒸留所がロデリック・ケンプ氏によって買収される
1909年ロデリック・ケンプ氏が亡くなる
ロデリックケンプトラスト社が設立され,彼の家族のもとで運営が続けられる
1954年ポットスチルを当初の2基から5基(初2・再2)へと増設する
1965年7基のスチルを備えた新たなスチルハウスが建設される
これにより蒸留器は合計12基体制となる
1968年ロデリックケンプトラスト社がロンドン証券取引所にて上場する
1974年ポットスチルが増設されて合計18基体制となる
1975年さらにポットスチルの増設が行われて合計21基体制となる
1986年日本のサントリーグループ社が蒸留所の株式の25%を買収する
1996年ハイランドディスティラーズ社が残りの株式を取得する
1999年ハイランドディスティラーズ社がエドリントングループ社ウィリアムグラント&サンズ社によって買収される
2000年初のシングルカスクボトリングとして「Exceptional1」と名付けられたボトルがリリースされる
2001年ビジターセンターがオープンされる
2004年マッカランファインオーク」がリリースされる
2012年エドリントングループ社によって蒸留所の完全なリニューアル計画が発表される
2014年蒸留所リニューアルのプロジェクトが始動する
総工費は日本円で210億円程度
2018年新たな蒸留所が完成し,同年5月にオープンする

マッカラン蒸留所に纏わるストーリー

壮大な新蒸留所建屋の建設

マッカラン蒸留所について,2012年に所有者のエドリントングループ社によって,蒸留所建屋の完全な新設計画が発表されました。

この発表を受けて,まずは新規建屋の設計コンペが行われる運びとなります。このコンペに打ち勝って選出されたのが,ロンドンの世界的な建築家集団である「ロジャー・スターク・ハーバー・パートナーズ社(RSHP社)」でした。

採用されたRSHP社のデザインは,スペイサイドの風景に着想を得た,丘のように見える波打った屋根,そしてそこに生える天然の芝が特徴的で流麗なものでした。

またポットスチル等の生産設備も美しく並べられている他,観光客向けの設備も完備されることとなりました。

実際に工事が始動したのは2014年であり,そこから約3年6ヶ月という長い年月を要し,2018年5月についに新規の蒸留所がオープンされました!

この計画に要した資金は1億4000万ポンド(210億円)と非常に膨大であり,ここからもマッカランの偉大さが伺えます。

ビジターセンター
出典:サントリー公式
蒸留所建屋
出典:サントリー公式

シングルモルトのロールスロイス

マッカランは英国の老舗百貨店であるハロッズが刊行していた「ウイスキー読本」にて”シングルモルトのロールスロイス”と絶賛されたことがあります。またブレンダー界隈の中でも評価が高く,かつてより”最高のトップドレッシング”と呼ばれてきています。

このような点からもマッカランはまさに最高級のウイスキーブランドと言っても差し支えないでしょう!

その背景にはハイランドで2番目に歴史の長い蒸留所であるとともに,その長い操業年のなかで培われてきた伝統的な製法とその品質の高さがあります。

品質の高さゆえの人気はその「販売量」で見ることができるかと思います。比較的価格帯が高いにも関わらず,シングルモルトとしてはグレンフィディックとグレンリベットに次いで,世界第3位の販売量を誇っているのがマッカランです。また日本ではここ20年間を通して輸入シングルモルト販売量第1位を維持し続けています。

このようにマッカランは多くの人から愛されつつも高級なブランド感を持つ,まさに”シングルモルトのロールスロイス”の名にふさわしい,誰もが憧れるウイスキーなのです。

「ザ・マッカラン蒸留所」製法の特徴

製麦について

大麦農家
出典:サントリー公式

ポイント

マッカラン蒸留所では原料の大麦として,コンチェルト大麦を主体に,独自のモメンタムという品種の大麦も一部採用しています。これらの原料をもとに,製麦の作業事態は外部の専門業者(シンプソンズ社)に委託しています。

原料の選定にあたっては独自の選定基準等を適用し,常に最高品質が維持されています。また新たな品種の開発にも弛まぬ努力が行われています。

原料のモルトをモルトミルで粉砕してグリストとしたのち,糖化の工程へと進みます!

糖化について

マッシュタン
出典:サントリー公式

ポイント

マッカラン蒸留所では仕込み水としてスペイ川の伏流水を採用しています。マッシュタンは1バッチあたり17トンのグリスト容量を誇る,ブリッグス社製のステンレスで出来たフルロイタータンになります。

マッシュタンにグリストを投入し,加熱した仕込み水を3回に分けて温度を上げながら注ぐことで糖化が進められます。糖化が完了すると糖分を多く含んだウォートが完成します。一般にこの糖化手法はインフュージョン法と呼ばれています。

次の工程は発酵になります!

発酵について

ポイント

マッカラン蒸留所ではステンレス製のウォッシュバックが12基設置されています。また発酵に使用する酵母はリキッドタイプのディスティラリー酵母になります。かつてはディスティラリー酵母のほかにブリュワーズ酵母も使用されていた時期がありましたが,現在はディスティラーズ酵母のみを採用しています。

糖化で得られたウォートは20度前後まで冷却されたのち,酵母と共にウォッシュバックに投入することで発酵が進められます。発酵にかける時間は最低12時間程度であり,一般的なスコッチと同水準になります。

発酵が完了するとアルコール度数約8%程度のもろみが完成します。

次の工程は蒸留になります!

蒸留について

スチルハウス全景
出典:サントリー公式
スチル
出典:サントリー公式

ポイント

マッカラン蒸留所には容量13,000リットルのウォッシュスチルが12基,容量3,900リットルのスピリットスチルが24基設置されています。形状はどれもストレート型,加熱方式は蒸気による間接加熱方式,冷却方式はシェル&チューブ方式が採用されています。

これらのスチルは旧蒸留所のものと同じ寸法・形状が忠実に再現されたフォーサイス社製になります。

スピリットスチルについて3,900リットルという容量はスコッチ業界でも最小サイズであり,甘く重く複雑な香味を有する原酒が作られていることが伺えます。

また新規に建てられた蒸留所では,蒸留器の配置がユニークであり、ウォッシュタンク7基・初留器4基・再留器8基が円形に設置されたサークルが合計3セット並んでいます。エドリントン社が「唯一無二」と表現することに異論はないでしょう。

まず発酵によって得られたもろみはウォッシュスチルへと移されて初留が行われます。初留を終えた段階でアルコール度数約20%のローワインを得ることができます。

初留によって得られたローワインは2基のスピリットスチルへと割り振られて再留が行われます。再留によって得られるアルコール分はミドルカットという工程を経て,安定した成分のみがニューポットとして確保されます。このニューポットはアルコール度数が約70%程度まで高められています。

次の工程は熟成になります!

熟成について

ウェアハウス
出典:サントリー公式

ポイント

マッカラン蒸留所には合計54棟のウェアハウスが建っています。樽の貯蔵方法について近代的なラック式が主のようです。

熟成に使用される樽は主に「スパニッシュオークのシェリー樽」,「アメリカンオークのシェリー樽」,「バーボン樽」になります。マッカランではこの中でも特にシェリー樽に対するこだわりが強いのが特徴的です。

2種類の厳選されたオーク材は乾燥・整形・火入れ等の工程を経て樽の形となります。そして完成した樽はスペインのシェリーボデガへと送られて,オロロソシェリーを詰めたのちに12〜18ヶ月間寝かされます。

ここまでの樽を作る工程には約6年の歳月がかかっており,圧倒的に強いこだわりをシェリー樽に持っているのがよくわかりますね。

ちなみにこのシェリー樽はファーストフィルセカンドフィルの2回目まで使用されています。


オフィシャルボトル一覧

マッカラン蒸留所のオフィシャルボトルを紹介していきます!

ザ・マッカラン
シェリーオーク12年

ポイント

マッカランを象徴する華やかなシェリー樽の味わいにフィーチャーしたボトルです!

原木の選定から製樽までを自社にて徹底的にこだわり抜いて作ったシェリー樽で熟成された原酒のみで構成されています。

マッカランらしい濃厚でゴージャスな甘みはモルトファンとして必見ですね。

価格帯

Amazon:14,189円

※2022年7月現在

香り

ドライフルーツ/レーズン/オレンジ/ジンジャー/スパイス感

味わい

極甘/リッチ/ドライフルーツ/レーズン/スパイス/オレンジピール/ウッディな甘さ

余韻

熟した果実のような濃厚な甘みが長く残り続ける

ザ・マッカラン
ダブルカスク12年

ポイント

その名の通り「アメリカンオークのシェリー樽」と「ヨーロピアンオークのシェリー樽」で最低12年以上熟成された原酒をヴァッティングしたボトルです。

マッカラン特有のシェリーの甘みがよりマイルドに,バランス良く仕上げられた1本です!

価格帯

Amazon:11,530円

※2022年7月現在

香り

バタースコッチ/レーズン/ドライフルーツ/アップルキャンディ/バニラ/カスタードクリーム

味わい

はちみつの甘さ/レーズン/ドライフルーツ/スパイシー/シトラス系柑橘感/バニラ

余韻

非常に濃厚で多様な甘みがとても長く続く

ザ・マッカラン
トリプルカスク12年

ポイント

「ヨーロピアンオークのシェリー樽」,「アメリカンオークのシェリー樽」,「バーボン樽」の3種類の樽で最低12年熟成された原酒をバッティングしたボトルです。

3つの異なる特徴を持つ原酒をブレンドすることで,バランス良くそれぞれの個性が引き出されており,滑らかで繊細な甘みが創出されています!

価格帯

Amazon:7,700円

※2022年7月現在

香り

バニラ/メロン/レモンピール/薄いレーズン/オークの甘さ

味わい

レモン系柑橘/シトラスのフレッシュ感/ウッディなオークの甘さ/スパイシー/ドライフルーツ

余韻

フルーツ香とオーク感,そしてスパイシー感がバランス良く長く続く

ザ・マッカラン
レアカスク

ポイント

厳選された16種類のシェリー樽原酒で構成されるボトルです。中には30年以上の熟成を経た原酒も含まれています!

このような貴重な樽原酒を多く使用していることから”レアカスク”の名前が付けられました。

高級なイメージのあるマッカランの中でも,よりラグジュアリーさをピックアップした1本です!

価格帯

Amazon:49,260円

※2022年7月現在

香り

濃厚なレーズン/ドライフルーツ/バニラの甘み/チョコレート/上品なビター感

味わい

レーズン/砂糖をまぶしたドライフルーツ/ビターチョコ/バニラ/スパイシー

余韻

ドライフルーツの甘さとスパイシー感/ゴージャスで濃厚な余韻が長く続く

参考資料

サムネイル画像:whisky.com / scotchwhisky.com / サントリー公式