【レビュー】ウッドフォードリザーブ|香り・味わい・100点満点評価|ウイスキーラウンドアップ

記事の概要

管理人によるボトルのレビューを通して、皆様にその魅力を伝える記事です。

今回は…
ウッドフォードリザーブ

当記事では,このボトルについて

などなど詳しく解説していきます!!

created by Rinker
WOODFORD RESERVE(ウッドフォードリザーブ)
¥4,162 (2024/05/23 23:29:28時点 Amazon調べ-詳細)
価格:税込3,970円(@Drinkable books)
▷ショップはこちらから◁

\\執筆者情報//

whisky_roundupのアバター

初谷(はつがい)

ウイスキーに関わるあらゆる情報をまとめ,「ウイスキーを知りながらより深く楽しめる記事」を発信しています。
【Shop】ウイスキー専門店『Drinkable books』
【経歴】東京都立大卒|元公務員・ネット酒屋開業
【資格】JWRC公認ウイスキーエキスパート|ウイスキー検定2級
【その他】バンド「Candid moment」のドラマー

各種SNSも運用中!

「ウッドフォードリザーブ」ってなに?

ウッドフォードリザーブの解説

ウッドフォードリザーブ』は,アメリカのケンタッキー州に所在する,ウッドフォードリザーブ蒸留所が生産を手がけるアメリカンウイスキーのブランドになります。

 同蒸留所は一説には”米国で最も歴史の長い蒸留所”とも言われていますが,そのウイスキー作りにおいては,アイルランドをルーツにしたポットスチルによる3回蒸留という,手間のかかる伝統的な手法を採用していることから,生産規模自体はあまり大きくないのが特徴です。また,バーボンの味わいの方向性を決定づける原料穀物の比率”マッシュビルは「とうもろこし72%・ライ麦18%・大麦麦芽10%」とされており,原料穀物に由来する端正なバランスの良さと,3回蒸留によるフルーティかつクリーンなテイストを魅力とするウイスキーが生み出されています。

 また今回紹介する『ウッドフフォードリザーブ』に関しては,ブランドの最もスタンダードなバーボンタイプのボトルであり,3回蒸留や独自のマッシュビルに由来する華やかな香味を魅力とした逸品です。

「ウッドフォードリザーブ」ボトルの特徴

\\ボトル外観//

\\ボトル諸元//

ボトル名ウッドフォードリザーブ
地域アメリカ,ケンタッキー州
種類バーボン
容量750ml
度数43%
原酒諸元3回蒸留
コーン72%・ライ麦18%・大麦麦芽10%

\\製法と特徴//

  • アイルランド由来のポットスチル3回蒸留
    ▶︎通常のバーボンでは,連続式蒸留によって原料由来の香味が飛んでしまうこともある。一方で蒸留を3回繰り返すとはいえ,単式蒸留による場合は,ある程度原料由来の華やかな香味を生かすことができる。
  • マッシュビル「コーン72%・ライ麦18%・大麦麦芽10%」
    ▶︎原料穀物の比率においては,大多数をコーンが占めており,バーボンらしいエステリーな香味が主軸に活かされていると考えられる。ライ麦のスパイシーテイストはアクセント程度に楽しめるだろう。

「ウッドフォードリザーブ」テイスティングレビュー

さてさて、それでは早速「ウッドフォードリザーブ」をテイスティングレビューしていきます!

「ウッドフォードリザーブ」総評

最後に総評に入りたいと思います!まずは風味の各要素をグラフ化してみてみましょう!

さてさて、気になる点数は…

点数の理由と評価

  • 香り:/5|味わい:/5

 まず『ウッドフォードリザーブ』の香りと味わいについては,他のバーボンよりもかなり軽くてスッキリとしているにも関わらず,風味の主軸にはバーボンらしいエステリーな要素が感じられたのが面白いところでした。加えて3回蒸留によるものか,スコッチやアイリッシュなどにも通づる様な,蜂蜜感や柑橘感などの分かりやすい華やかさが存在していたのも高評価ポイントです。

 一方でボディが軽くてスッキリしているが故に,特に味わいでは若干アルコールの刺激が風味で隠しきれていない様な印象もありました。個人的には十分に楽しめますが,味が濃くて円熟感のあるウイスキーを好まれる方には若干不向きかもしれません。

  • 初心者向け度:/5

 続いて初心者向けかどうかという観点で『ウッドフォードリザーブ』を見てみると,割と向いていると言えるでしょう。

 というのもバーボンには,接着剤感の強いものがあったり風味がとてもパワフルなものがあったりと,初心者にやや勧めづらい銘柄が幾つかありますが,ウッドフォードリザーブはボディが軽やかで飲みやすいにも関わらず,バーボンらしい風味を嫌気なしに感じることが出来ます。アルコール感が多少感じられることを差し置いても,初心者にとっては取っ付きやすい一本となるでしょう。

  • 入手性:/5|コスパ:/5

 最後に『ウッドフォードリザーブ』の入手性とコスパについては,どちらも良好な部類であると言えそうです。

 まず入手性に関しては,酒屋さんの店頭で見かける機会も十分にあり,通販でも定常的に入手が可能となっているため,入手に困るような事態にはならないと考えられます。

 そしてコスパに関しては,価格帯が4,000円程度となっており,バーボンとしてはやや高めに感じますが,ポットスチルによる3回蒸留を経ていることを考えればギリギリ許せるくらいである印象。無論もう少し低価格帯にも美味しいバーボンはたくさんありますが,しっかりとした独自性があるため購入を検討する価値は十分にあるでしょう。

created by Rinker
WOODFORD RESERVE(ウッドフォードリザーブ)
¥4,162 (2024/05/23 23:29:28時点 Amazon調べ-詳細)
価格:税込3,970円(@Drinkable books)

各種SNS運用中!
フォローしてね👍